ロールス・ロイス初の電気自動車による公道試験が、間もなく開始される。ロールス・ロイスが世界的な電気自動車への変革を後押しするために生み出した超高級電気自動車は、2023年の第四半期にデリバリー開始を予定している。

【ついに動き出した、ロールス・ロイスの超高級EV】(写真4点)

電気モーターの採用は、ロールス・ロイスにとって新しく取り組むコンセプトではなかった。ヘンリー・ロイス卿はあらゆるものの電化に魅了され、 ロイス&カンパニーと名付けた最初の事業ではダイナモや電動クレーン用モーターを開発し、バヨネット式電球の特許を取得していた。一方、将来の自動車の電動化を予言していたのはチャールズ・ロールズだった。1900年4月、彼は「コロンビア」と名付けられた初期の電気自動車を体験し、電気駆動こそが理想であると公言していた。

当時ロールズは、「電気自動車は、音もなくクリーンな乗り物です。匂いもせず、振動もありません。定置式の充電ステーションが整備されれば、とても便利になるはずです。しかし今のところあまり役に立たないだろうと思っています。使えるものになるまでには、少なくとも何年もかかると思います。」と述べていた。

ロールス・ロイスにとって電気自動車は、静かで、洗練されており、ほとんど瞬時に最大トルクを発生させ、その後も途方もないパワーを生み続ける。これをロールス・ロイスでは「ワフタビリティ(浮遊感)」と呼んでいる。ロールス・ロイスでは、以前から何度か電動パワートレインの実験を行ってきた。2011年にはオール・エレクトリック・ファントム『102EX』を公開。さらに2016年にはフル・エレクトリックの『103EX』を発表し、数十年先の未来に向けたロールス・ロイスのビジョンを明らかにしている。

製品のあらゆる側面の能力を試すため、ロールス・ロイスの歴史上で最も厳しいテスト・プログラムを用意している。なんと、250万キロメートルもの距離を走行するという。この距離は、ロールス・ロイスを400年以上使用することを想定した数値であり、世界のあらゆる場所におもむき、この新しい車を極限まで追い込む。世界中の道路を走る数百万キロメートルに及ぶ旅の間、あらゆる状況、あらゆる地形でテストが行われる。

2017年にロールス・ロイスは独自のアルミニウム・アーキテクチャーを発表した。これは、拡張性があり、柔軟性を持たせたスペースフレーム構造で、それ以降に発売されるすべてのロールス・ロイス・モデルを支えるものだ。現在のカリナンやゴーストのように各種の内燃機関搭載モデルだけでなく、全く異なるパワートレインを搭載したモデルのベースとしても使えるように製作されており、まもなく発売される電気自動車にもこのロールス・ロイスのアーキテクチャーを採用し、ロールス・ロイスならではの特別な乗車体験を提供する。

このニューモデルには、ロールスの製品が持つ幽玄で別世界のような環境にふさわしい「Spectre(スペクター)」という名前が付けられた。スペクターとは、偉大なパワーと幻影を持つ別世界の存在に与えられた名前であり、つかの間の姿を通じて存在感を示す異世界の生き物だ。スペクターは世界の時を止めることができ、自身が存在する空間を支配する。そして、現れたときと同じように煙のように消えてしまい、あとには愉快な気持ち、活力、好奇心を残していく。

この新しいプロダクトをたずさえ、ロールス・ロイスは2030年までにすべての製品を完全に電動化するという目標を掲げた。それまでに、ロールス・ロイスは内燃機関を搭載する製品の製造・販売から撤退する予定だ。

この重要な瞬間について、ロールス・ロイス・モーター・カーズCEOのトルステン・ミュラー・エトヴェシュは次のようにコメントしている。「『スペクター』は、チャールズ・ロールズの予言を成就させる製品です。ロールス・ロイス・モーター・カーズを代表して誓ったわたくしの約束を守ります。いま、わたしたちは驚くべきプロジェクトをスタートさせます。わたくしは、世界で最も進歩的で影響力のある女性や男性を、輝かしい電動化の未来へと送り続けることができることを誇りに思います」