先に紹介した「GRヘリテージパーツプロジェクト」と「GRMNヤリス」の他に、東京オートサロン 2022にTOYOTA GAZOO Racing(以下、TGR)とLEXUSが出展した車両を順に見ていこう。

【画像】東京オートサロン 2022 TGRブースの展示風景(写真9点)

TGR:GR GT3 Concept
TGRでは、モータースポーツ業界をサステナブルにしていくために、カスタマーモータースポーツ活動の取り組みをさらに加速させる。「モータースポーツを起点としたもっといい車づくり」を推進するという考えのもと、ドライバーファーストの車づくりに注力。「カスタマーモータースポーツの最高峰であるGT3のお客様に選んでいただけるような魅力的な車をご提供したい」という思いから発表されたのが「GR GT3 Concept」である。

TGR:bZ4X GR SPORT コンセプト
BEV専用車bZ4Xをベースしたコンセプトカーで、環境性能と走る楽しさの両立を実現したのが「bZ4X GR SPORT コンセプト」。大径タイヤ、スポーツシート、マットブラックの外板色を採用する。

LEXUS:NX PHEV OFFROAD Concept
2021年11月に発売開始したLEXUS初のPHEVモデルである「NX450h+」をベースとする。EV走行とHV走行がもたらすCO2排出をおさえた優れた環境性能や上質な走りと、電動モーター駆動ならではの低μ路面での安心の走破性を提供。加えて、悪路走破性に優れた大径のオールテレーンタイヤとホイールの装着や、アドベンチャーライフスタイルを提案するのが「NX PHEV OFFROAD Concept」だ。

LEXUS: ROV Concept
LEXUS初の水素エンジンを採用した「ROV Concept」は、コンパクトなボディサイズとROVならではの悪路走破性を備える。エンジン車ならではのリアルなエンジンの鼓動を感じ取れる走る楽しさや、雄大な自然との触れ合いを提供することを目指しているという。