マツダの新世代ラージ商品群の第一弾である新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60」の日本仕様が公開された。CX-60は「ドライビングエンターテインメントSUV」をコンセプトとした、2列シートミッドサイズSUVで、日本での販売開始は今年初秋を予定している。

エンジンは2.5リッターガソリンエンジンと電動モーターを組み合わせたマツダ初のプラグインハイブリッドシステム「e-SKYACTIV PHEV」、直列6気筒ディーゼルエンジンに電動化技術M HYBRID BOOST (48V マイルドハイブリッド)を組み合わせた「e-SKYACTIV D」、排気量アップによる高出力化とクリーンな排ガス性能を同時に実現した直列6気筒ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 3.3」、軽快なパフォーマンスと優れた燃費性能を発揮する2.5リッターガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」の4種類を設定。これらのエンジンにダイレクト感と伝達効率に優れる新開発のトルコンレス8段ATを組み合わせ、環境性能と走りの両立を追求した。

【画像】CX-60のパワーユニット、プラットフォーム、内装、外観(写真30点)

また、ドライバーの発作・急病などの異常を検知し、事故の回避・事故の被害軽減を支援する「ドライバー異常時対応システム(DEA)」を初採用。さらに、より安心・安全な運転の実現を目指して、ユーザーに合わせたドライビングポジションの調整支援を行う「ドライバー・パーソナライゼーション・システム」を採用した機種を設定。マツダの安全思想「MAZDA PROACTIVE SAFETY」に基づき、運転するドライバーだけではなく、同乗者の安心・安全にも配慮されている。

マツダの執行役員国内営業担当である東堂一義氏は、「CX-60は、全ての領域で意のままの走り、クラフツマンシップ、デザイン、安全性能を上質に磨き上げました。現在マツダ車をお乗りのお客様へ魅力的な選択肢をご提供することはもちろん、プレミアムブランドに対する選択肢として「上質」を求められるお客様にお薦めできる一台です」と述べている。