この記事は、【現存するジャガーEタイプの中でも特に重要な4台が集う|最初の精鋭たち(前編)】の続きです。


シャシーナンバー850005
世界屈指の重要なEタイプがこの850005だ。プロジェクトZPの 1台で、ファクトリーからトミー・ソップウィズが率いるレーシングチーム、エキュイップ・エンデバーに供給された。

【画像】伝説的な4台のジャガー(写真6点)

ダークブルーの塗色に、赤いレザーのインテリア、シルバーのレース用ワイヤーホイールを履くロードスターで、フロントエアインテークの白い縁取りが目印である。ソップウィズは登録ナンバーに400を好み、これも「ECD400」のナンバーを付ける。1961年 4月15日にオルトンパークで開催されたBARCのスプリング・ミーティングにぎりぎりで間に合い、完全なレース仕様に整える機会がほとんどなかったにもかかわらず、グレアム・ヒルのドライブでいきなり優勝を飾った。

2位はイネス・アイルランドのアストンマーティンDB4GT、3位はクームスのEタイプを駆ったロイ・サルバドーリ、4位はジャック・シアーズのフェラーリ250SWB。つまりEタイプは、目標としていたライバルを初出走で倒したのである。続く5月のスパGPでは、マイク・パークスのドライブで2位フィニッシュ。地元のヒーローであるウィリー・メレスのフェラーリ250 GTSWBには1周遅れだった。シーズン末の7月にはスネッタートンでも優勝して、ECD 400は、Eタイプ最初の3勝のうち2勝を挙げたのである。

シーズン終了後に売却されたあとも、ECD400は様々なクラブミーティングに出走した。やがて惨めな状態になっていたところを、ジェガーのスペシャリスト、ロバート・ダニーによって救い出され、ピンク・フロイドのマネージャーだった故スティーヴ・オルークがマッチングナンバーの状態にレストアした(ただし、ボンネットだけは交換が必要だった)。今回は、ジャガーのスペシャリストであるマイケル・バラードが会場に持ってきた。名高いステアリングを握って相当の距離を走行しているバラードは、こう語った。

「ECD 400のセットアップは抜群ですよ。走りの印象はほとんどロードカーです。とはいえ、たしかに特別な感触があります。それほどシャープで正確なのです。踏めば本領を発揮しますよ。オーナーのポール・ヴェスティー卿は、これを甘やかさずに、持ち出して使うことを望んでいます。そのほうが車にとってはいいですからね」

シャシーナンバー850025
モデルの名を高めた1台から、陰で支えた“スリーパー“に話を移そう。ダークグリーンのボディにブラックのアルミニウム製ハードトップという控えめな姿の850025は、最も重要なEタイプの中でも、おそらくほとんどの人が聞いたことのない1台である。

1961年 6月9日に、Eタイプのデザイナーでチーフエンジニアリング・ディレクターのウィリアム“ビル“ヘインズに個人用として供給され、「4133RW」のナンバーを付けた。そして、2台存在したジャガーの実験車両となって、ノーマン・デュイスによるタイヤやハードトップの高速テストに使われた。続いて、アルミニウム製のボンネットとドア、トランクリッドに交換され、3.8リッターの軽量なアロイエンジンとZF製 5段ギアボックスを搭載して、最初の“ライトウエイト“ジャガーとなった。

さらに、拡大された4.2リッターエンジンと4.2リッター仕様のトリムを装着。Eタイプが改良を重ねながら後期バージョンへと進化する過程で、数多くの高速テストをこなした。その後、1968年にビル・ヘインズの息子のジョナサンが買い取った。さっそくプレスコット・ヒルクライムに出走すると、その日の最速タイムをたたき出している。現在もほぼオリジナルの状態だ。オリジナルといっても、ワークス時代にほとんどすべてのコンポーネントが交換されたり開発仕様に置き換えられたりしているのだが。

現在、4133RWの面倒を見ているのは、ジョナサンの息子のウィリアムである。ウィルも優秀なエンジニアで、「正直、この車は少しくたびれているので、慎重にレストアして、すべて締め直し、本来の状態に戻す計画です」と話す。つまり、一家族が所有してきたワークスの実験用Eタイプである。コレクターなら、のどから手が出るほどほしい1台だろう。



シャシーナンバー860001
次は“ショー・クイーン“だ。プロダクション版フィクストヘッドクーペの右ハンドル仕様の1台目として、1961年7月10日に製造され、シャシーナンバーは860001である。文句なく完璧なコンクール・コンディションで、"1VHP"のナンバーを付け、オパレッセント・ダークブルーの塗色に、目にも鮮やかな赤のレザーインテリアの組み合わせである。

最初は、ロンドンのディーラー、ヘンリーズの試乗車として使われた。あの重要な外部ボンネットロックを持つFHCのうち、右ハンドルはたった4台しかない。現オーナーは、レストアのスペシャリストCMCの創業者で、コレクター兼レーシングドライバーのピーター・ニューマークだ。「この車は1ポンドで買ったんですよ」とニューマークは笑う。「ジャガーの歴史家でパブリッシャーでもあるフィリップ・ポーターから買い取ったんです。彼はジュネーヴのショーカーだった9600HPを所有しており、それを私たちが無料でレストアしたら、この車を名目上の1ポンドで私に売ってくれる、という取り決めでした」

1VHPは、2000年代初頭にCMCによってジャガーのオリジナル仕様にフルレストアされ、いまだに新品同様に見える。“ショー・クイーン“と呼ぶのは妥当だろう。「私はこの車を広く乗り回して楽しんでいますよ。フランス旅行もしました」とニューマークは話す。実力を示すヒントは、わずかに太いだけで大幅に使いやすくなる205/70の15インチタイヤを履き、サイドミラーがないことにある。実はニューマークは2015年に、フロントのグリルバーとバンパー・オーバーライダーも取り外して空力効率をさらに高めた状態で、この1 VHPを『Octane』に貸し出し、ドイツのアウトバーンで最高速を計測させてくれたのだ。英国ヒルクライム・チャンピオンのデビッド・フランクリンがステアリングを握り、146.49mphを記録した。「150mphも破れただろうが、交通量が多すぎた」とフランクリンは語っていた。ただのショー・クイーンではないのだ。

シャシーナンバー850035
最後の1台は、“スピットファイア“である。この850035は、1961年12月4日にイーストボーンのウィレッツというディーラーに供給され、今もオリジナルのナンバープレート“JJK195“を付ける。よく知られたEタイプで、1960年代をとおしてクラブレースで使われた。セミ・ライトウエイト仕様にモディファイされており、ボンネット、トランクリッド、ドアはアルミニウム製で、リアのハッチは迫力あるアクリルガラスに交換されている。“スピットファイア・カー“として知られているのは、二人目のオーナーがスピットファイアの元パイロットで、あの戦闘機から様々な計器やコンポーネントを移植したからだ。時計や油温計、室内灯のほか、方向舵ペダルを助手席のフットレストに活用した。さらにはスピットファイアのテールライトを後退灯にしていたが、これは1970年代初頭に姿を消した。

このEタイプは、あるジャガーのスペシャリストに救われた。分解して木箱に収め、長年、大切に保管していたのだ。それを、整備士でエンジニアのハワード・ワッツがオリジナルの状態に戻した。ワッツが経営するリドルズデール・ブラザーズは、現在まで続くものとしてはヨーロッパ最古の整備工場で、1900年からサフォーク州ボックスフォードで営業している。いうまでもなく、ワッツはやり手のビジネスマンだが、根っからのメカニックでエンスージアストでもある。このEタイプを慎重に組み立て、イベントの直前に完成させた。

「私は長年の間に極上のクラシックカーを何台も所有してきましたが、一番好きなのはたぶんこの車ですね。箱に入った状態で見つけて、ジャガーの様々なスペシャリストの助けを借りながら、かつての輝かしい姿に戻しました。この希少で重要な初期Eタイプを、私と同じように多くの人に楽しんでほしいと思っています。まだ慣らし運転の最中ですが、先日の夜もテスト走行に出掛けたら、延々と走り続けてしまいましたよ。80マイルほど走ってガレージに戻ったときには、前にもまして惚れ込んでいました」


...次回は、これらの伝説的ジャガーの走りを試す。


編集翻訳:伊東和彦(Mobi-curators Labo.) 原文翻訳:木下恵
Transcreation:Kazuhiko ITO (Mobi-curators Labo.) Translation:Megumi KINOSHITA
Words:Robert Coucher Photography:Amy Shore
取材協力:ファストレーンクラブ社(thefastlaneclub.com)、ボウクリフホール(Bowcliffehall.co.uk)ボウクリフ・ドライバーズクラブ