フェラーリの「スペシャル・プロジェクト」プログラムから、唯一無二のモデルが登場した。顧客の要望に添って作り出される、いわゆる「ワンオフ」である。顧客のアイデアを出発点として、それをフェラーリ・スタイリングセンターのデザイナーチームによって発展し完成するこのプロジェクトは、車両のプロポーションとフォルムを決定し、デザインを詳細に検討し、スタイリング用クレイモデルを製作してから製造に取り掛かるため、全プロセスには平均1年以上を要するという。

今回誕生した最新ワンオフモデルは、F8 Tributoのプラットフォームをベースとした「Ferrari SP48 Unica」。チーフ・デザイン・オフィサーのフラヴィオ・マンゾーニの指揮の下、フェラーリ・スタイリングセンターが F8 Tributoのプラットフォームをベースにデザインした 2シーター・スポーツ・ベルリネッタである。

【画像】別アングルから見た「Ferrari SP48 Unica」(写真6点)

プロシージャル・パラメトリック・モデリング技術と 3Dプロトタイピング(積層造形法)を駆使して、フロント・グリルとエンジン用エア・インテークが完全に再設計された。この先進的工程によって、ひとつの塊から削り出されたような3次元のグリルが生み出され、シームレスなつながりとダイナミックな流れを感じさせるデザインとなった。

ボディワークに採用されたプロシージャル・グラフィックのソリューションは、デザイン全体にも影響を与えており、特に、ウィンドウ、ルーフ、エンジンカバーなどの黒からボディカラーへと移行する部分で際立っている。さらに、真上から見るとルーフ中央部が強調されていることがよくわかる。そのグラフィックは、リアウィング手前のカーボン・ファイバー製エンジンカバー後部に設けられたエア・インテークと対応していることも見て取れるだろう。

また、熱流体力学に関するデザインを完璧に磨き上げて、すべての冷却要求を満たしただけでなく、空力バランスの変更も実現した。 F8 Tributoのスタイリングと最も異なる部分として、フロント・バンパーおよびリア・スポイラー下にあるエンジン冷却用エア・インテークが挙げられる。深いグリルは、プロシージャル手法によって、通過する空気の量が最大となるよう各部分が最適な角度になっている。車両の構造から、インタークーラー用インテークをサイド・ウィンドウのすぐ後方に配置でき、これによってボディ側面のインテークを縮小することが可能となった。また、リアのオーバーハングを延長したことで、ルーフエリアによるリフトが低減され、リアのダウンフォースが増大している。

キャビンには、特別に開発されたレーザー・パンチング加工の黒いアルカンターラを採用。シートをはじめとするインテリア・トリムのほとんどに使われており、その下には、エクステリア・カラーにマッチした、虹色に輝く赤みの強いオレンジのファブリックを見ることができる。ここには、ルーフのプロシージャルなリバリーとグリルに見られる六角形のモチーフが取り入れられており、インテリアとエクステリアを結びつける。コクピット内では同じ六角形のモチーフが、光沢のあるシルカバーにレーザー・エンボス加工であしらわれていることも特徴のひとつだ。また、マット仕上げのカーボン・ファイバーによって、テクニカルでエクスクルーシブな雰囲気がコクピット全体に行きわたり、それをグリジオ・カンナ・ディ・フチーレ(ガンメタル・グレー)のアクセントが引き立てている。

顧客の要望を汲み取り、完成までのすべての段階で顧客自身も密接に関わりながら創り上げられたFerrari SP48 Unica。これぞまさに究極のワンオフモデルといえるだろう。