昨年2021年6月25日 〜7月11日にかけてマセラティが東京・表参道にて期間限定でオープンした「Maserati meets Fragment Pop-up Store」の展示に使用された特別な1台「マセラティ ギブリ オペラネラ」が、販売されることが明らかになった。

これは、日本のストリートカルチャーシーンを牽引してきた藤原ヒロシ氏とマセラティのコラボレーションによるマセラティカスタマイズ・プログラム「マセラティ フォーリセリエ」を通じて誕生したものだ。2021年春に本コラボレーションが発表された後、全世界に先駆けて日本でお披露目するべく、わずか2週間の展示のためにイタリア本社が特別に手掛けた「マセラティ ギブリ オペラネラ」が、このたび1570万円(税込)で1台限定の特別販売されることになった。

【画像】特別な1台!「マセラティ ギブリ オペラネラ」のディテール

このモデルのためだけに特別にデザインされた専用グリル及びロゴをあしらった象徴的なフロントグリルや、20インチのUranoマットブラックホイール、CピラーにはFragmentロゴの入った専用バッジが取り付けられた、まさに特別な1台だ。

エクステリアカラーだけでなく、ホイールやドア・ハンドルなどの細部にまで行き届いたブラックカラーへのこだわり、そしてインテリアはプレミアムレザーとアルカンターラのコンビネーションによって構成されている。ステッチやヘッドレストのトライデントにはコントラストの効いたシルバーのインサート、シートベルトにはダークブルーのアクセントが施されている。

3連のサイドエアダクトの下部に刻まれている、「M157110519FRG」のコードにも特別な意味がある。最初の4文字(M157)はギブリの開発コード、次の6文字の数字(110519)は藤原ヒロシ氏とマセラティ・デザイン・センターが最初に出会った日(2019年11月5日)、そして最後の3文字(FRG)はフラグメントの頭文字を表したものなのだ。

特別装備内容
- ネロのソリッドカラー+マットブラックのバイカラー
- 専用グリル
- 20インチウラノマットブラックホイール
- Cピラーのフラグメント・エンブレム
- アルカンターラ/レザーシート素材(フラグメントロゴのエンボス)
- ブルーシートベルト
- 専用ステッチ