ランボルギーニがウラカンEVOの2020年モデルに、アマゾンが開発したAIアシスタントであるアレクサを搭載すると発表した。スーパースポーツカーにアレクサのような機能が備えられるのは初めてのことであり、アレクサを自動車に搭載したメーカーとしても初である。 

この機能では、話しかけるだけで空調、インテリアライティング、シートヒーティングなどの調整をすることが可能。ドライバーは運転にとことん集中することができるのだ。ウラカンEVOの頭脳ともいえる、ドライビングダイナミクスを変更するLDVIとも統一される。声ひとつで、道案内、音楽再生、ニュースをチェック、天気、など知りたいことすべてを教えてくれる存在に。



初めての搭載ということで、ランボルギーニはこれからその領域を広げるためアマゾンと協力しながら開発を意欲的に行なっていくとのこと。「ウラカンEVOはドライバーのための車です。アレクサを搭載することによってドライブに集中することができ、ランボルギーニの体験をより豊かにします」と、アウトモビリ・ランボルギーニCEOのステファノドメニカリはコメントした。

アレクサオート副代表を務めるネッド・キュリックは「ランボルギーニは未来を形づくるブランドです。そして、自動車メーカーとして初めてアレクサを採用し、スマートコマンドとしても、通常のアレクサとしても使用することができます。将来的には、ドライビングエクスペリエンスのためには当たり前の存在であってほしいと考えています。ランボルギーニはインフォテイメントシステムとしてダイレクトに採用することで、車の性能も最大限に引き出されるのです。これから、アレクサを搭載する自動車は増えていくと期待しています」とコメント。

自動車に話しかけるということは、当たり前の出来事になりつつあるようだ。