マセラティはブランドの歴史を通じて、ユニークでエクスクルーシブなモデルを生み出してきた。その中でも特に優雅さで人気を集めるモデルとして、1986年に発表された3代目クワトロポルテの"ロワイヤル"仕様が挙げられる。ソフトレザーシートや、ダッシュボード、ドアパネルに贅沢に仕様した木材、スタイリッシュで美しいブルーとグリーンのカラーなどが特徴で51台のみ限定生産されたモデルである。

そして、そのモデルへのオマージュとして、クアトロポルテ、レヴァンテ、ギブリのV6モデルにロワイヤル仕様を加えた特別モデルが発表された。各モデル100台限定で、エクステリアカラーは、かつてのロワイヤルをイメージし、ブルーロワイヤル(青)とヴェルデロワイヤル(緑)という2色の特別なカラーを用意。ブレーキキャリパーはシルバーで一層優雅な印象を引き立てる。



また、インテリアはイタリアを代表するラグジュアリーブランドであるエルメネジルド・ゼニアがマセラティのために開発した特殊なレザーファブリックである「ペッレテスータ」を採用している。カラーは、キュオイオ(ブラウン)、キュオイオとブラックの2トーン、この2パターンから選ぶことができる。ペッレテスータは、極薄のナッパレザーを使用したもので、軽量で柔らかく、耐久性に優れることが特徴だ。



インテリアインサートは、レヴァンテがメタルネット、ギブリがエボニー、クアトロポルテがブラックピアノ仕上げとなっている。また、すべての車両に限定車100台のうち1台であることを示す"One of 100"のシリアルプレートが付けられている。快適性においても、先進運転支援システム(ADAS)搭載や、最新のインフォテインメントシステムが備わっているため十二分に活躍してくれる1台だ。

2020年3月に納車予定とのことだが、日本への導入は未発表。"ロワイヤル"のフィロソフィーを受け継ぐ1台、ファンにとっては手に入れておきたいものであろう。