近代日本の自動車文化を創り上げた人物の一人として、かつてエンスージアストたちを熱狂させた「松田コレクション」の創設者である松田芳穂氏を挙げることに異論を唱える方はいないであろう。車が生まれてきた目的、その秘めているパワーをとことん発揮させ、真の意味で車を楽しんできた松田氏。「車は走らせなきゃ意味がない」「車は一生やめられない」と話し、傘寿を目前に迎えた今もなお様々な車で楽しんでいる。

松田氏が走り抜けてきた車との歴史を貴重な記録として残すため、オクタン日本版編集部が全面協力し自叙伝『疾走』を制作。大学時代のことから、日高のガレージ建設、ポルシェへの傾倒、スポーツカー博物館の建設、そしてフェラーリとの出会い、車以外のコレクションなど盛りだくさんのコンテンツを148ページにも及び網羅している。

フェラーリ166や250テスタロッサから始まる歴代フェラーリのすべてを所有。(一時期は250GTOを同時に4台所有したことも!)いま世界のコンクールで見られる多くのコレクティブカーの一部が、松田コレクションから輩出されていったものであることは事実だ。"ex. MATSUDA COLLECTION"というのもひとつの血統になっている。このコレクションリストを拝むだけでも相当の価値があるだろう。この記事にあるフェラーリ・デイトナ・スペチアーレも元は松田コレクション蔵であった。



学生時代のブラジル遠征で撮影された写真など、秘蔵の資料もたっぷり。10ページにも渡る愛車歴を見ているだけでも、充分に楽しめるほどバラエティに富んだコレクションである。あれも?これも?と驚くに違いない。車を愛する人々へ向けたメッセージも読んでいただきたい。



そしてこの度、一般流通していない『疾走』を50部限定でオクタンにて独占販売することになった。申込みは下記購入フォームより、本日から先着順にて受付中。

『疾走』概要
価格:22,000円(消費税、配送料込み)
サイズ:30cm×30cm 
重さ:約2kg
ページ数:148ページ
※一冊ずつシリアルナンバー(〇〇/800)が記載されておりますが、今回の販売につきましてはランダムでの配送とさせていただきます。
販売数:50部(先着)
※数に限りがあるため、お一人様2部までとさせていただきます。
お申し込み:こちらのフォームより → https://form.run/@yoshiho-matsuda-sisso--1589167191


目次一覧
発刊にあたり
Chapter 1
歴史の幕開け The Dawn of History 学生時代のこと / サーキットデビュー
Chapter 2 
本格的にはじまるコレクション Full-Fledged Collecting 日高にガレージ建設 / 軽井沢古典車館オープン
Chapter 3 
ポルシェへの目覚め Exploring Porsche ポルシェ博物館オープン / ヴァセック・ポラックやレース
Chapter 4 
スポーツカーに魅せられて The Attraction of Sports Cars 珠玉のコレクション スポーツカー博物館オープン
Special Interview
カーグラフィック代表取締役社長 加藤哲也氏と語る 自動車文化の礎を築いた小林彰太郎氏からの教え
Chapter 5 
フェラーリの世界へ Into the World of Ferrari フェラーリのコレクション / 国内外でのイベント、FOCJの活動 / 松田とエンツォ・フェラーリ
Special Interview 
ACJマガジンズ代表取締役社長 笹本健次氏と振り返る 車を走らせて「本気で遊んだ」日々のこと
Chapter 6 
車以外のコレクション Other Hobbies オーディオ / 船 / ヘリコプター / 時計 / その他
これまでに所有してきた車一覧 Catalogue of Car Collection
経歴 
近頃の楽しみ方 
贈る言葉