倉敷市の三菱自動車水島製作所で生産された新型電気自動車の国内向け生産第1号車が6月17日、倉敷市役所に公用車として納車されました。

納車されたのは、16日に発売された三菱自動車の新型軽EV、「ekクロスEV」の国内向け生産第1号車です。

この新型車はすべて三菱自動車水島製作所で生産されていて、1回の充電で約180キロ走行できます。国の補助金を使えば100万円台で購入できることから、国内でのEV普及の起爆剤になることが期待されています。

(倉敷市 伊東香織市長)
「車内も広くて乗り心地もいい。本当に滑らかな感じでスピードが出ていく」

(三菱自動車水島製作所 浜崎憲所長)
「予定の台数より約4倍くらいの受注状況で、しっかり車を提供していきたい」

倉敷市は現在24台の電気自動車を公用車として使っていて、この新型車を2022年度に5台購入することにしています。