岡山県などが、JR6社とタイアップして行う大型の観光キャンペーンが、7月1日から始まりました。

6年ぶりに7月1日から始まった岡山デスティネーションキャンペーン。JR岡山駅で行われたオープニングセレモニーでは、新しい観光列車「SAKU美SAKU楽」の出発式が行われ、伊原木知事らが運行開始を祝いました。

「SAKU美SAKU楽」は、週に4日、津山線の岡山駅から津山駅の間を片道1時間半かけて1日2往復します。

車内では、地元の食材を味わったり、自然豊かな風景を楽しむことができます。

(岡山県 伊原木隆太知事)
「コロナで大変疲弊した各地の観光地を、大いに盛り上げる観光復活の起爆剤にしたい。お気に入りの場所に行ってもらって、楽しんでもらえたら」

キャンペーンが終わる9月末まで、岡山特産の果物の収穫体験など、県内全域で様々な取り組みが行われます。