岡山市の人事委員会は、2022年度の岡山市職員の給与とボーナスについて、民間企業を下回っているとして、それぞれ引き上げるよう市長らに勧告しました。

勧告によりますと、岡山市職員のうち、事務職や技術職を担当する行政職員の2022年4月の給与は、平均で38万9864円と、民間企業を791円、率にして0.2%下回りました。

また、ボーナスも4.3カ月分と、民間を0.1カ月分下回っていて、その差を解消するため、いずれも引き上げるよう勧告しています。

給与は、4年ぶり、ボーナスは、3年ぶりの引き上げ勧告です。

(岡山市 大森雅夫市長)
「民間の給与がそれだけ好調だったということ。勧告を真摯に受け止めて対応していきたい」

勧告通り実施されると、人件費は、年間で約3億6000万円増える見通しです。