岡山市の指定暴力団、池田組の組長を狙った襲撃事件などが相次いだことを受け、岡山県公安委員会は11月7日、組事務所の使用を制限する仮命令について、組側への意見聴取の場を設けました。

意見聴取は、岡山市北区の指定暴力団、池田組と、対立する六代目山口組傘下、三代目妹尾組と二代目南進会の事務所の使用制限が妥当かどうか、組側の意見を聴くものです。

7日は午前中、妹尾組と南進会に対する意見聴取会が開かれましたが組側は、欠席しました。

池田組を巡っては10月、組長が散髪中に襲撃されたほか、組長が普段使っている車が銃撃される事件が起きています。

一連の事件を受け県公安委員会は、暴力団対策法に基づき池田組などの事務所の使用を制限する仮命令を出していました。7日午後からは、池田組への意見聴取会が開かれる予定です。