強い台風5号は5日、屋久島の南西の海上を進んだ。6日午後には強い勢力を維持したまま九州に上陸する見込み。大分県内には7日明け方から朝にかけて最接近するとみられる。速度が遅いため影響が長引く恐れがある。大分地方気象台は暴風や高波、低地の浸水や土砂災害などへの警戒を呼び掛けている。

 大分地方気象台によると、県内は6日朝から昼すぎにかけて風速15メートル以上の強風域に入り、7日未明から明け方にかけて風速25メートル以上の暴風域に入る見通し。6日昼前から、海上はうねりを伴い、大しけとなる所がありそう。大潮の期間のため、潮位が高くなる恐れもある。
 台風5号は5日午後9時現在、屋久島の西南西約40キロでほぼ停滞。中心気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル、中心から半径90キロ以内が風速25メートル以上の暴風域となっている。
 6日にかけて県内で予想される最大風速(最大瞬間風速)は、海上で南部25メートル(35メートル)、中部・北部20メートル(30メートル)。陸上で南部20メートル(35メートル)、中部・北部15メートル(30メートル)、西部12メートル(25メートル)となっている。波の高さは南部7メートル、中部5メートル、北部3メートルの予想で、いずれもうねりを伴う。
 県内は6日昼すぎから非常に激しい雨が降り、局地的に猛烈に降る所がありそう。6日にかけて予想される1時間雨量は多い所で南部80ミリ、中部・西部70ミリ、北部50ミリ。6日午後6時までの24時間では南部250ミリ、中部・西部150ミリ、北部80ミリ。7日午後6時までの24時間では県内で300〜400ミリとなっている。
 JRとフェリー各社は、6日の運休や運転見合わせを決めた。
 JR九州は、特急「ソニック」(大分―博多)は通常運行、その他の特急は一部を除いて始発から終日運休する予定。普通列車は日豊、久大、豊肥各線で、始発から運転を見合わせたり、本数を減らして運転するなどする。
 海の便はフェリーさんふらわあ、九四オレンジフェリー、国道九四フェリー、宇和島運輸フェリー、宿毛フェリーが全便欠航を決めた。スオーナダフェリーは6日午前の天候状況を踏まえて判断する。
 大分市中心部の商店街では5日夜、第36回大分七夕まつりの飾り付けの撤去が始まった。強風で落下する恐れがあるためで、6日までに撤去を終える。アーケード内では9日まで展示する予定だった。商店街関係者は「寂しい気持ちもあるが、お客さんの安全を確保するため仕方ない」と話した。