強い台風5号は4日、奄美大島の東の海上を西寄りに進んだ。6日にかけて奄美大島付近の海上を通過し、進路を北寄りに変え、7日にも九州南部に上陸する恐れがある。大分県内は6〜7日は大荒れの天気となる見通し。6日午前中には風速15メートル以上の強風域に入り、7日には風速25メートル以上の暴風域に入るとみられる。
 台風5号は4日午前9時現在、奄美大島の東約200キロを時速約15キロで西に進んでいる。中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心から半径130キロ以内では風速25メートル以上の暴風域となっている。
 5日午前6時までの24時間予想雨量は多いところで、奄美地方300ミリ、宮崎県200ミリ、鹿児島県(奄美地方除く)150ミリ。4日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、奄美地方25メートル(35メートル)、宮崎県15メートル(25メートル)。