【東京】オーストラリア沖で米軍普天間飛行場所属のMV22オスプレイが墜落したことを受け、小野寺五典防衛相は6日、国内で同機の飛行を自粛するよう米側に求めた。防衛省で記者団に明らかにした。 10日から北海道で実施する日米共同訓練へのオスプレイの参加は、「飛行自粛を申し入れたことを踏まえ、米側と調整したい」と述べ、明言を避けた。同訓練には普天間所属のオスプレイ6機が参加する予定だった。