衆院議員を連続10期、30年務め、沖縄開発庁長官などを歴任した上原康助(うえはら・こうすけ)さんが6日午前10時16分、呼吸不全のため、沖縄市内の病院で亡くなった。84歳。全沖縄軍労働組合(全軍労)の委員長として米施政権下の軍雇用員の労働環境の改善に取り組んだほか、国政参加選挙で衆院議員に当選し、沖縄県選出国会議員で戦後初めて衆院本会議場での代表質問に立つなど、沖縄振興、米軍基地の整理縮小に力を注いだ。 1970年の国政参加選挙の当選者7人のうち6人はすでに死去しており、上原さんが最後の1人となっていた。 本部町伊豆味出身。告別式は10日午後2時から同3時半、沖縄市松本7の5の3のサンレー中部紫雲閣で。喪主は妻の美津子(みつこ)さん。 32年生まれ。北山高校を卒業後、軍雇用員として米軍基地で働いた。県民に対する人種差別的扱いや劣悪な職場環境の中、61年結成の全軍労連の初代委員長を務めた。 63年には単一組織の全軍労に移行し、70年の大量解雇撤回ストライキでは待遇改善を勝ち取った。同年、沖縄住民の国政参加特措法に基づく国政参加選挙に挑戦し、38歳の若さで西銘順治、瀬長亀次郎、国場幸昌、安里積千代の4氏と共に衆院議員に初当選した。 沖縄振興開発計画、復帰特別措置、厚生年金の格差是正、マラリア慰謝事業、軍転特措法の成立など、「沖縄の心を国政の場に」を信条に、沖縄問題の解決に取り組んだ。 93年の細川連立政権では沖縄開発庁・北海道開発庁・国土庁長官に就任、県選出議員では初の大臣となった。 94年社会党副委員長、96年社民党副党首に就任。98年、政策研究会「未来21・沖縄」を結成し、「沖縄もう一つの選択」アピールを発表。同年6月に社民党を離党、民主党に入り、県連代表に就いた。2000年衆院選沖縄3区で東門美津子氏に敗れ、政界を引退した。02年勲一等旭日大綬章受章、04年沖縄タイムス賞受賞。