在沖米海兵隊は7日午前、米軍普天間飛行場でMV22オスプレイ1機を飛行させた。防衛省は6日、オーストラリア東部沖での墜落事故を受け米側へ飛行自粛を求めたばかりで、要請は事実上拒否された形だ。沖縄県も飛行中止を求める中、飛行を強行する米軍と、飛行を止められない日本政府に県内から強い批判が上がっている。 翁長雄志知事は7日午前、県庁で記者団に「起こるべくして起きた事故。とんでもない飛行機で、原因究明も全く当てにならない」と強く批判。退庁時には「日本政府に当事者能力がない。日本国民を守る気概があるのか、認識が大変弱い」と非難した。 小野寺五典防衛相は7日、防衛省で会談したシュローティ在日米軍副司令官から、飛行に関し「安全性を確認した上で、運用上必要と判断した」と説明があったことを明らかにした。小野寺氏は「まだ多くの心配、懸念がある」と引き続き飛行自粛を求めたと説明した。 オスプレイは7日午前10時40分ごろ普天間飛行場を離陸。伊江村によると、伊江島補助飛行場で離着陸訓練を実施していたという。 富川盛武副知事は県庁に沖縄防衛局の中嶋浩一郎局長と外務省沖縄事務所の川田司沖縄大使を呼び抗議した。「県民に大きな衝撃を与えるもので、大変遺憾だ」と非難し、原因究明までの飛行中止を求めた。 富川氏は、事故が相次ぐ中、飛行を続ける米軍の姿勢を「よき隣人や、県民に寄り添うという言葉が空虚に思えてならない」と批判。県民の不信感は募っているとし「日米安保も揺らぎかねない」と強い懸念を示した。中嶋氏は事故に遺憾の意を示した上で、引き続き飛行自粛を求める考えを示した。富川氏は8日、在沖米軍トップのニコルソン四軍調整官に抗議し、飛行停止などを申し入れる予定。