長崎市で被爆した祖父の記憶をたどろうと、沖縄キリスト教学院大学1年の下地智菜さん(18)=南風原町=は9日、長崎市で開かれる平和祈念式典に初めて参列する。16歳で被爆し、体験を語れないまま昨年11月に亡くなった祖父。自分と同じ年ごろの祖父はどのような体験をし、どう感じたのか。長崎の街を歩き、原爆と平和に思いをはせる。 1945年8月9日、米軍は6日の広島市に続いて、造船所や軍事工場が立ち並ぶ長崎市に原爆を投下した。3千度以上の爆風が街を一瞬で飲み込み、死者約7万4千人、重軽傷者を含め約14万9千人が犠牲になった。 87歳で亡くなった下地勇吉さん=宮古島市出身=は当時、長崎市の造船所で働いていた。 智菜さんは小学生のころ、勇吉さんに戦争体験を聞いた。「きのこ雲を見た…」と言ったきり、言葉をつぐんだ。買い物に行けば、何でも買ってくれる優しい祖父の悲しみの表情にそれ以上、質問できなかった。 「あんたたちの年には、おじーは戦争で大変だった」とつぶやく時もあったが、家族も詳しく聞くことはなかった。智菜さんも原爆と祖父を結びついて考えることはなかった。 今春、県原爆被爆者協議会から長崎平和祈念式典の参列を打診され、考えが変わった。インターネットで長崎原爆を検索。故郷を遠く離れた街で被爆した少年の気持ちはどうだっただろう、と想像した。 家族で勇吉さんの言葉を思い出し、戦中戦後の苦労に思いをはせた。祖父が隠した一面を理解できた気がした。長崎では祖父が原爆を見た地に立ち、空を見上げる予定だ。 智菜さんは「周囲の友だちも原爆のことを知らない。長崎で経験し、勉強し、語れなかった人の代わりに原爆を伝えていきたい」と前を見据えている。(社会部・新崎哲史)