【東京】菅義偉官房長官は8日の記者会見で、オスプレイの飛行自粛要請について「運用上必要なものを除いて、国内におけるオスプレイの飛行を自粛するよう申し入れた」と説明した。運用上必要な飛行は、事実上黙認する政府の姿勢が表れた形だ。 小野寺五典防衛相は菅氏の発言を受け記者団に、事務レベルや、自身がシュローティ在日米軍副司令官に飛行自粛を要請した際に、「運用上必要なものを除いて」という文言は添えていないと明らかにした。「基本的には自粛を求めた」と述べ、要請は全面的な飛行自粛だとの認識を示した。 一方で、7日に米軍普天間飛行場のオスプレイが飛行したことから、「米側は、そういう認識だったということなんだろう」と認めた。