沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で9日午前、新基地建設に反対する市民ら約90人が座り込み抗議をした。市民らが掲げた横断幕を機動隊が撤去し、市民らは「反対運動を弾圧するな」「表現の自由を侵すな」などと抗議し、シュプレヒコールを上げた。 一方、キャンプ・シュワブ沿岸の「N5」工事現場では、陸上で重機がブロックなどの建築資材を移動する作業が続いた。「K9」工事現場では、クレーン車やパワーショベルを使い、護岸沿いの地面に鉄板を敷き詰める作業が確認された。工事現場周辺では、カヌーに乗った市民が抗議を繰り返した。