【平安名純代・米国特約記者】オーストラリア沖で発生した米海兵隊のMV22オスプレイの墜落事故を受け、米国防総省当局筋は7日、沖縄タイムスの取材に対し、日本政府のオスプレイ飛行の自粛要請を受け、同省内で機体の安全性を確認する対策を協議したと述べた。 オスプレイを含む米海兵隊の全航空機の飛行を停止し、機体の安全性を点検する案なども検討されたものの、北朝鮮の動向などを踏まえ、通常訓練を継続する必要性があると判断し、機体の検査を強化することで安全を確保する方針が確認されたという。 国防総省のデービス報道部長は同日、オスプレイの運用について、現時点で「変更はない」と強調。米政府は日本国内での運用計画を堅持する構えだ。