沖縄県宜野湾市内の保育園に、米軍のCH53E大型輸送ヘリのものとみられる部品が落下した問題で、米軍が「同機体から落ちたものかどうかは認めがたい」との見解を示していることが分かった。8日午後、在沖米海兵隊のポール・ロック准将と面会した富川盛武副知事が記者団に明らかにした。 富川副知事によると、ロック准将は落下した部品はCH53Eと同じ型のものだと認めた上で「(事故現場は)飛行場から近く、別の可能性もある」と落下以外の可能性を示唆。一方で、具体的な理由について、富川副知事はロック准将から説明を受けたが「まだ調査中」として口外しないよう求められていると話した。 富川副知事はロック准将に早急な原因究明とその公表を要請。その上で「こういう事案が起こることについて、米側には非常に遺憾千万であると申し上げた」と話した。