那覇市でキャンプを行うプロ野球巨人の原辰徳監督、大城卓三選手、與那原大剛選手が14日、那覇市役所に城間幹子市長を訪ね、首里城再建に300万円を託した。原監督は「ジャイアンツもはや10年、那覇市や沖縄県民の皆さまに大変お世話になっている。道のりは険しいかもしれないが、首里城がいい形で県民や国民全ての人に愛されるような城に復元してほしい」と願った。

 城間市長は「再建に向けて力を尽くす」と感謝。リーグ優勝や日本一への期待を寄せた。首里出身の大城選手は「焼失で首里城の存在の大きさを感じ、少しでも復興の力になりたいと思った」、北谷町出身の與那原選手は「野球で勇気づけていきたい」と語った。寄付は球団や選手、宮崎キャンプでファンらから募った。

 那覇キャンプは15〜25日、沖縄セルラースタジアム那覇で実施される。