沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、翁長雄志知事が20日開会の県議会に提案した工事差し止め訴訟を支持しようと、辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議は同日午後、那覇市の県庁前広場で緊急支援集会を開いた。 オール沖縄の共同代表、稲嶺進名護市長は「日本政府は一体となって、県民の思いを押しつぶそうと、覆いかぶさってくるが、絶対に負けない。首を長くして翁長知事の決断を待っていた」と強調。「知事が自信を持って、県民の思いと誇りを訴えることができるよう強力に支え、裁判に勝利するまで、辺野古を止めるまで頑張ろう」と決意を示した。 政党や県議会会派の代表らも県議会で訴訟関連の議案を通し、裁判で勝訴できるよう取り組みを強化することを確認した。約200人が参加し、「岩礁破砕行為を許さない」「辺野古の美ら海を守ろう」と声を上げた。