7日夜、豊見城市の那覇空港自動車道で車の故障で車外に出た運転手が、後から走ってきた軽乗用車にはねられ意識不明の重体です。

7日午後9時半ごろ、豊見城市の那覇空港自動車道で追い越し車線に停めた車から外に出た運転者の男性が、後ろから走ってきた軽乗用車にはねられました。

はねられたのは愛知県に住む40代の男性で、頭を強く打つなどして意識不明の重体です。

警察によりますと男性はタイヤがパンクしたため、追い越し車線でハザードランプを点灯させて車を停め、反射板を置くために車を降りていたとみられるということです。

軽乗用車を運転していた男性は「前の車を追い抜こうとして車線変更した際に男性に気づきハンドルを切ったが間に合わなかった」と話していて、警察が事故の詳しい経緯を調べています。