嘉手納基地と普天間基地の周辺に住む住民らがアメリカ軍機の飛行差し止めを求める裁判の第一回口頭弁論が30日、那覇地方裁判所で開かれました。

この裁判は嘉手納基地と普天間基地周辺に住む住民ら30人が起こしたもので、基地から派生する騒音被害を国が放置していることは違法だとして、国が航空法に基づいてアメリカ軍機を規制し飛行させないことを求めています。

第一回口頭弁論では普天間基地の周辺に住む女性が意見陳述し「騒音や落下物の危険にさらされ、平和な子育てができない」と切実な思いを訴えました。

アメリカ軍機の飛行差し止めを求め、これまで嘉手納基地で第4次、普天間基地で第3次に渡り訴訟が提起されていますが、裁判所はアメリカ軍の活動に日本の主権が及ばないとする「第三者行為論」で繰り返し原告の訴えを退けています。