no image

去年、鹿児島県の屋久島沖で発生したオスプレイの墜落事故を巡り、アメリカ軍は機体の不具合が発生した箇所が判明し原因の調査を進めていると発表しました。

去年11月、鹿児島県の屋久島沖でアメリカ空軍のCV22オスプレイが墜落し、搭乗していた8人の兵士全員が死亡しました。

この事故について機体を運用するアメリカ空軍の特殊作戦群は20日、機体の不具合が発生した箇所が判明したと発表しました。

その上で原因の特定には至っておらず、現在分析が進められているとしています。

墜落事故を受けてアメリカ軍は去年12月から全世界でオスプレイの運用を停止しています。