no image

24日午前、宮古島市の沖合で40代の男性が海底の岩場で頭を挟まれ沈んでいるのが見つかり、その場で死亡が確認されました。

24日午前10時ごろ、宮古島市下地島の中の島ビーチの沖合で「海中に沈んでいる人がいる」と118番通報がありました。

通報を受け、海保や消防が駆け付けたところ、ビーチからおよそ50メートルの沖合で水深3メートルの岩場に頭を挟まれうつ伏せの状態で沈んでいる男性が見つかり、潜水士が引き上げましたがその場で死亡が確認されました。

亡くなったのは千葉県に住む47歳の男性で、海水パンツと水中メガネを着用した状態だったことから一人で海に入っていたとみられています。

宮古島海上保安部が事故の原因を詳しく調べています。