埼玉県行田市では、街なかに花手水を飾る「行田花手水week」が8月を除く毎月開催され、人気となっています。なかでも評判なのは、いくつもの芸術的な花手水が見られる行田八幡神社。

行田八幡神社の歴史は古く、健康長寿や病平癒をはじめ様々なご利益があります。独特のお守りや、美しい限定御朱印も素敵。花手水とあわせてじっくりお参りしたい、行田八幡神社の魅力をご紹介します。

人気の「行田花手水week」は行田八幡神社から始まった

行田八幡神社は、御由緒を平安時代にまで遡る、およそ千年の歴史を誇る神社です。行田市のシンボル・忍城(おしじょう)の守り神でもあり、長く地元の方に愛されてきました。

その行田八幡神社が花手水を始めたのは、2020年4月のこと。コロナ禍でも参拝に訪れる方々を癒したいという思いから、境内に花手水を飾るようになりました。

行田八幡神社、花手水

その花手水は街全体に広がり、2020年10月より、行田八幡神社だけでなく、前玉神社や忍城址、商店などの前に花手水を飾る「行田花手水week」が始まりました。2021年3月からは、行田花手水week期間中に1日だけ、ライトアップイベント「希望の光」を実施するなど、さらに発展しています。

\「花手水week」人気のイベント「希望の光」の様子が分かるレポート記事はコチラ/

月に一度だけ!行田「花手水week 希望の光」ライトアップが描く幻想世界

行田八幡神社、花手水2021年4月:ライトアップイベント「希望の光」にて

でもやはり、行田八幡神社の花手水の美しさ、多彩さは格別。とりわけ人気を博しています。

行田八幡神社、花手水

毎月通いたくなる!もはやアートな花手水の数々

「行田花手水week」は、基本的に8月を除く毎月、1日〜14日(1月・11月は15日〜末日)に開催されています。

行田八幡神社では、拝殿前や社務所前など、数カ所に花手水が飾られています。花手水は地元の生花店が手掛けているそうですが、そのデザインはもはや芸術的!

季節ごとの美しい花手水。そのごく一部ですが、ご覧ください。

行田八幡神社、花手水2022年3月:拝殿に向かって左の水琴窟の横

行田八幡神社、花手水2022年3月:社務所前

行田八幡神社2022年4月:恵比寿神社横

行田八幡神社、花手水2020年7月:拝殿前

行田八幡神社、花手水2022年9月:水琴窟横

行田八幡神社、花手水社務所前:2022年9月

行田八幡神社、花手水2021年10月:恵比寿神社横

行田八幡神社、花手水2021年11月:拝殿前

行田八幡神社、花手水2022年11月:恵比寿神社横

行田八幡神社、花手水2021年11月:愛宕神社前

行田八幡神社、花手水2020年12月:拝殿前

行田八幡神社、花手水2020年12月:愛宕神社奥の生命力のけやき前

また境内には、生命力のけやきなどの豊かな緑、本殿裏の小径、竹に囲まれた鏡池など、心休まるスポットがたくさん。

行田八幡神社生命力のけやきと本殿裏の小径

行田八幡神社竹が映る鏡池

千年を越えて崇敬される「封じの宮」

行田八幡神社の主祭神は応神天皇と神功皇后。さらに比売大神(ひめのおおかみ)、大物主神(おおものぬしのかみ)、神素盞鳴尊(かむすさのおのみこと)をお祀りしています。

行田八幡神社

「封じの宮」とも呼ばれ、公式サイトには下記のように記されています。

秘法として伝承される諸病・難病とりわけ「癌の病」を封じる「癌封じ」を始め、「ぼけ封じ」「難病封じ」などの特別祈願を執行しております。

さらに虫封じ(主に、乳幼児のぐずりや夜泣きの原因と言われる疳〈かん〉の虫を封じること)、悪癖封じの御利益で知られています。

行田八幡神社

自分のために、誰かのために。病平癒や健康祈願を

こちらは社務所上に掲げられている案内図。たくさんの境内社がありますね。

行田八幡神社

そのご利益は様々ですが、行田八幡神社には、おできや湿疹の神様や、眼病の神様など、他ではあまり見られない神さまもお祀りされています。延命長寿や病魔退散を願う「なで桃」も。

行田八幡神社食物の神であり、おできや湿疹の神様:倉稲魂命(うかのみたまのみこと)を祀る瘡守稲荷社(かさもりいなりしゃ)

行田八幡神社味鋤高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)を祀る目の神社。

行田八幡神社なで桃:意富加牟豆美命(おおかむづみのみこと)が祀られています。

ぜひ、子どもの健康や成長、自分や周りの人の病平癒をお願いしていきましょう。

拝殿に向かって左横の鳥居の奥には、福徳の神・縁結びの神である大国主神(おおくにぬしのかみ)を祀る大国主神社、商売繁盛の神・事代主神(ことしろぬしのかみ)を祀る恵比寿神社、防火の神・軻遇突智命(かぐつちのみこと)を祀る愛宕神社があります。

行田八幡神社

行田八幡神社

行田八幡神社

社務所の前には水に関わる神さまを祀る水神社。

行田八幡神社御井神(みいのかみ)・水波能売神(みずはのめのかみ)・水分神(みくまりのかみ)を祀る水神社

そのほか、伊弉諾命(いざなぎのみこと)・伊弉冉命(いざなみのみこと)をお祀りし、延命長寿の御神徳のある三峯社や、諸災消除の御利益があり、総町神輿(百貫神輿)が祀られている八坂社など、あらゆるお願いごとに対応可能なのではというくらい、たくさんの神さまがお祀りされています。

ここでお願いごとをせずに帰るのはもったいない!?

目のお守り、癌封じ… 大切な人に贈りたい

身体についての御利益の多い神社ですから、ほかにはあまりない珍しいお守りもあります。目のお守りや、癌封じや難病封じなどは、大切な方に差し上げたくなる人も多いのではないでしょうか。

行田八幡神社

おみくじも数種類あり、水みくじもあります。

行田八幡神社

行田八幡神社水神社の下から湧き出る水に水みくじを浸すと文字が浮き上がります

「叶」の文字の書かれた小さな絵馬は、叶みくじについているもの。お願い事を書いて結ぶことができます。

行田八幡神社

繊細で美しい… 期間限定の御朱印も

御朱印を参拝の楽しみにされている方も多いと思います。行田八幡神社では、通常の御朱印ほか、デザインが美しい期間限定のものもあります。(2022年9月現在はすべて書置き)

行田八幡神社、御朱印左・中:期間限定御朱印、右:通常の御朱印

行田八幡神社、御朱印2022年9月の期間限定御朱印

他に大黒主神社、目の神社の御朱印もいただけます。

花手水でこちらの神社を知った方も多いかもしれません。ですが花手水を楽しんで、さっと手を合わせて帰るというのはもったいない! ご参拝の際にはぜひ、さまざまなお願いごとや、お守り、おみくじなどにも目を向けてみてください。あえて花手水のない時期に、ゆっくりお願いごとに訪れるのもいいですよ!

■行田八幡神社(公式サイト)

所在地:埼玉県行田市行田16-23
電話番号:048(554)5926
アクセス:秩父鉄道行田市駅から徒歩約7分