2023年11月18日・19日、茨城県東茨城郡大洗町で、「商工感謝祭&大洗あんこう祭」が開催されます。

地元の人々が中心となって楽しむ商工感謝祭で幕を開け、全国からアニメ「ガールズ&パンツァー」(通称ガルパン)ファンが駆けつけることで知られる大洗あんこう祭りで盛り上がりは最高潮に。

この記事では、奇才ハンターMacさんによる、14万人が来場した2019年の現地レポートとともに、ガルパン関連イベントも復活する2023年の開催情報をお届けします!

大洗あんこう祭りはいかにしてガルパンの聖地となりしか

奇祭を巡る醍醐味は、1000年以上続く祭りもあれば、比較的最近の奇祭もあるということ。もちろん古い祭りがほとんどですが、では逆に、最も新しい現代の奇祭とは何か? というと、アニメと融合した聖地巡礼の祭り、それは現代における奇祭の新しい一形態なのかもしれません。

どうも。奇祭ハンターのMacです。というわけで今回は、アニメ「ガールズ&パンツァー」(通称ガルパン)の聖地巡礼の地として人気で、毎回約15万人もの人々が訪れる茨城の「大洗あんこう祭り」をエリア別に紹介します。

ちなみにガルパンがどんなアニメかというと、こんなアニメ(下の動画↓)。

戦車道に励む女子高生たちが熱いバトルをくり広げる青春ハートフル・ストーリーです。大洗の市街地を舞台に、戦車が派手に暴れたりもします。

➀メインステージ&フードエリア


メイン会場は、大洗マリンタワー前の芝生広場と港中央公園のエリア。このエリアだけでも結構な広さ。そして写真からお察しの通り「あんこう祭り」とは、そもそもはあんこう鍋を中核とした大洗ご当地のフードフェアなのである。


これが長蛇の列ができるほど人気の「あんこう鍋」。会場ではあんこうバーガーやあんこうカレーも販売している怒涛のあんこう押し。


メインステージでは恒例の「あんこうの吊るし切り」も行われます。ヌメヌメしているためまな板の上で切りづらいあんこうは、この写真のように吊るして切るのが伝統なのです。

ちなみに、食用に採られる大きなあんこうはすべてメス
オスの体長はメスに比べてずいぶん小さく、食べるところがなく、
交尾後はメスに寄生するようにピッタリひっついているのですが、
最終的にはメスに食べられてしまうのだとか(!!!)。

さらにステージでは、ガルパン声優によるトークショー(残念ながら撮影NG。大人の事情さ)や仮面ライダー・ショーも行なわれました。ステージ前はそれはそれはいわゆる「大きなお友達」でいっぱいでした(汗)。


フードブースの中でひと際異彩を放っていたのが、この「海賊危機一髪」なる珍ブース。ボールを投げて水風船を割って、海賊のお兄さんに水をかけると、お菓子が2つもらえるという仕組み(1回50円)。11月の寒い時期に無茶しやがってとツッコミたくなるこのノリ。うん、嫌いじゃない。

➁アウトレット&埠頭エリア


あんこう祭りのメイン会場はアウトレットに隣接しており、アウトレットモール内にはガルパン・ギャラリーもあります。常に長蛇の列だったため、今回は入るのをあきらめました(汗。


アウトレットから海に向かって進んだ場所にある大洗港第4埠頭。ここが物販エリア&特設戦車ストリートです。会場から一番離れた僻地にあるため、見つけるのに手間取り、結構時間を食いました。


物販エリアに隣接する特設戦車ストリートでは、写真のように模擬戦車の展示と、戦車に載ってアニメに登場するキャラクターに扮したレイヤーさんの撮影が行われていました。

➂大洗の商店街エリア


そして、最後に紹介するのが商店街エリア。地元商店街のお店の人とガルパンファン(通称ガルパンさん)による交流エリアといった雰囲気。


巨大鍋であんこう鍋を販売する「魚忠」さんはこの日限定でアニメに準拠した「魚剣」に名前を変えるという力の入れよう。あ、熱過ぎる。


飲食店はまだわかるにしても、商店街のふつうの工務店でもこの混みよう! どうやらここではガルパン大洗女子学園自動車部軍手(300円)や限定くじを販売しているらしい。単にアニメキャラの立て看板が置いてあるだけでなく、その店オリジナルのグッズも販売しているところが人気の秘密のよう。


商店街がアツいのは販売面だけじゃない。この「らくがきバス」のファンの熱量たるや。このらくがきバス、普通に運行したりもしているらしい。茨城交通さんがアツ過ぎる!

「信じられるかい? これで公道を走ってきたんだぜ」
商店街エリアにはこうした「痛車」がゴロゴロ停車しており、何ともシュールです。


商店街にも戦車。そしてコスプレ。ああ、もう。段々と感覚がマヒしてくる。これは最早、商店街を舞台にした文化祭という雰囲気。

なぜ、あんこう祭りはかくもアツいのか?

今回、初めて大洗の地を訪れてみて「聖地」とは聞いていましたが、まさかここまで〈本気度〉が高いとは。なぜ、大洗でここまでガルパンが受け入れられたのでしょうか? それには、震災後の風評被害によって観光客が激減するという憂き目にあった大洗の事情が関係していました。

「震災後の1年。ネットで大洗を検索するとネガティブな情報ばかりが目立ち、正しい現地の情報を発信しても、かき消されてなかなか伝わらず…。」
(ガルパンが大洗にもたらしてくれたもの)/大洗ホテルスタッフblog(

「僕が最初にお願いしたのは、アニメで町の中に戦車を走らせてぶっ壊させて欲しいというものだったんです。」
(『ガールズ&パンツァー 劇場版』常盤良彦×杉山潔スペシャル対談)/V-STORAGE(2015.9.9)

上の記事を読むと、なぜ町が一丸となって一つひとつ手作りで取り組んでいるのか、そのアツさの理由と想いが伝わってくるかもしれません。

今回のオミヤゲジャパン


メイン会場から歩いて5分の場所にある明太子専門テーマパーク「めんたいパーク大洗」。無料で明太子工場が見学できるほか、明太子の直売店(試食アリ)やフードパークまでついている。ガルパンさんだけじゃなく、家族連れでもにぎわっていました。

2023年の開催情報!

日時:11月18日(土)商工感謝祭、11月19日(日)大洗あんこう祭

場所:商工感謝祭&大洗あんこう祭会場(大洗マリンタワー周辺および商店街エリア)

主な催し:

11月18日(土)

9:30〜 オープンセレモニー

10:00〜 フラダンスショー

10:30〜 あんこう吊るし切り

10:50〜 模擬上棟式

11:30〜 ダブルネームものまねステージ

12:00〜 I-con. Live

12:20〜 高等工科学校和太鼓演奏

12:50〜 水戸工業高校ジャズバンド部演奏

13:30〜 磯山純LIVE

14:10〜 すいたんすいこうお笑いLIVE

14:30〜 ダブルネームものまねステージ

15:00〜 イベント終了挨拶

・アニメ「ガールズ&パンツァー」物販イベント「ミニミニホビーショー」(大洗港第4埠頭)

<11月19日(日)>

9:30〜 オープンセレモニー

9:45〜 あんこう吊るし切り1

10:15〜 友好市町村PRタイム

11:15〜 キャラクターショー1

11:45〜 安達勇人LIVE1

12:15〜 大洗本場磯節保存会

12:45〜 休憩

13:00〜 蝶野正洋トークショー

13:30〜 あんこう吊るし切り2

14:00〜 安達勇人LIVE2

14:30〜 キャラクターショー2

15:00〜 イベント終了挨拶

・「痛車道エキシビション2023」

・アニメ「ガールズ&パンツァー」の主演声優の皆様によるスペシャルトークショー(トヨペットスマイルホール大洗)※事前申し込みは終了

・アニメ「ガールズ&パンツァー」物販イベント「ミニミニホビーショー」(大洗港第4埠頭)