秋の訪れを感じる紅葉は、日本の四季の美しさを感じることのできる絶景です。気軽に楽しめる街路樹の紅葉、足をのばして訪れる山の紅葉、時期やエリアを変えながら長く楽しめるのも魅力の一つ。また、せっかく紅葉の人気スポットに行くなら、グルメ屋台が出ていたり、ライトアップされていたり、何か催しのあるところへ行けば、紅葉とイベントを一石二鳥で楽しむことができます。

この記事では、関東屈指の紅葉の名所を有する茨城、栃木、群馬の人気のスポットと、そこで開催されるお祭りやイベント情報をご紹介します。ぜひ週末のお出かけの参考になさってください。

1.筑波山の紅葉<茨城県>

日本百名山の一つである筑波山は、ファミリーでも気軽に登れる低い山でありながら関東一円の眺望が楽しめる絶景スポット。麓には神社や温泉など見どころもたっぷりで秋の行楽にもおすすめです。

紅葉が美しいポイントは、女体山・男体山と2峰ある山頂のうちの男体山頂付近を360°周回する自然研究路と、南面麓の方にある筑波神社を少し上がったケーブルカー駅周辺の宮脇エリアです。

「筑波山もみじまつり」、筑波山神社の宮脇からケーブルカーに乗って筑波山を丸ごと紅葉狩り

今年も「筑波山ケーブルカーナイトクルージング&もみじライトアップ」が開催中。ケーブルカーが夜間運行され、宮脇駅から筑波山頂駅沿いの紅葉がライトアップされるので、ケーブルカーの中からも紅葉狩りが楽しめます。また、頂上から眼下に広がる夜景も絶景です。

☆筑波山ナイトクルージング&もみじライトアップ

■期間:2023年10月28日(土)〜12月3日(日)までの土日祝日および11月18日(土)〜11月26日(金)の毎日開催
※雨天時は運行を中止
■時間:17:00〜20:00 ※天候状況により早めに終了する場合があります
■ケーブルカー料金:17時以降の夜間運行時…大人(中学生以上)1,070円・小児(6歳以上小学生以下)ならびに幼児(6歳未満)は無料
17時までの通常運行時…大人(中学生以上)1,070円・小児(6歳以上小学生以下)540円・幼児(6歳未満)無料
■詳細情報:筑波山ケーブルカー&ロープウェイのこちらのページでご確認ください
■紅葉の色づき情報(tenki.jp)はこちら

2.花貫渓谷の紅葉<茨城県>

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sumiyoshi Kohno(@sumiyoshikohno)がシェアした投稿


茨城県高萩市にある「花貫渓谷」は、随所に早瀬や滝、大小さまざまな淵が連なる自然豊かな場所です。四季折々にさまざまな表情を楽しむことやができますが、中でも秋は素晴らしい紅葉を楽しむことができます。

見どころは、約60mの長さを持つ汐見滝吊り橋と渓谷のライトアップ。昼とは一味違った幻想的な景色はなんともいえない美しさです。

☆花貫渓谷紅葉まつり

■期間:2023年11月1日(水)〜30日(木)※11月11日(土)〜26日(日)にはライトアップを開催予定。
■料金:入場無料
■詳細情報:高荻市観光協会のこちらのページでご確認ください
■紅葉の色づき情報(tenki.jp)はこちら

3.竜神峡の紅葉<茨城県>

茨城県常陸太田市にある奥久慈県立自然公園内の竜神峡は、茨城百景の一つに数えられている名勝。その竜神峡に架かる竜神大吊橋は、375mの長さがあり歩行者専用の橋として本州一の長さを誇っています。紅葉の時期には、断崖絶壁や奇岩などで変化に富んだ竜神渓谷が鮮やかに彩られた絶景を、高さ約100mからの空中散歩で楽しめるほか、武生林道から眺める紅葉も見事です。

【竜神峡紅葉まつり】季節の彩りで包まれるV字渓谷を繋ぐ本州一の大吊橋

吊橋は例年11月上旬から下旬にかけて紅葉で囲まれ、「竜神峡紅葉まつり」が開催されています。例年は、新そばをはじめとした地元グルメの出店や物産市、スタンプラリー、フォトコンテストなどの催しがあります。

☆竜神峡紅葉まつり

■期間:2023年11月1日(水)〜11月30日(木)
■時間:午前8時30分〜17時
■料金:[個人]大人(高校生以上)320円、小人210円[団体]大人(高校生以上)290円、小人190円 ※吊橋渡橋料 ※11月13日の茨城県民の日は、渡橋料が無料。
■詳細情報:常陸太田市観光物産協会のこちらのページからご確認ください
■紅葉の色づき情報(tenki.jp)はこちら

4.袋田の滝の紅葉<茨城県>

茨城県の大子町にある袋田の滝は、高さ約120m、幅約73mの規模を誇り、華厳滝、那智滝とともに日本三大名瀑の一つ。流れ落ちる滝の水が大岩壁を四段に落下していることから「四度(よど)の滝」とも呼ばれています。

【袋田の滝の紅葉】四段に分かれて水が落下する日本三大名瀑を彩る渓谷

この季節は昨年に続きライトアップイベント「大子来人〜ダイゴライト〜」が行われます。カラフルな光に彩られた観瀑トンネルを抜けると、雄大に落ちる滝の流れが荘厳な墨絵のように浮かび上がります。日中とはまた違う滝の魅力に出会えることでしょう。

☆2023大子来人〜ダイゴライト〜

■期間:2023年10月1日(日)〜2024年1月31日(水)
■時間:日没から午後8時まで ※12月・1月は〜午後7時まで
■料金:大人300円、子供150円 ※袋田の滝トンネル利用料金
■詳細情報:大子町観光協会のこちらのページでご確認ください
■紅葉の色づき情報(tenki.jp)はこちら

5.太平山の紅葉<栃木県>

太平山は栃木県南部の栃木市にある標高341メートルの小高い山で、太平山は豊かな自然景観に恵まれた観光名所で、栃木を代表する紅葉の名所です。各々の道の入口には、太平寺、六角堂が建立され、歴史的な情緒を漂わせています。

「太平山もみじまつり」、天候や時間とともに変化する眺望を背景に楽しむ紅葉

例年11月中旬から12月上旬に紅葉の見頃。中でも関東平野を一望できる「謙信平」からの眺めは「陸の松島」と称えられたほど素晴らしく多くの観光客が訪れます。また、2008年から紅葉のシーズンには「太平山もみじまつり」が開催されており、2023年も11月16日(木)〜12月3日(日)に開催されます。

☆太平山もみじまつり

■期間:2023年11月16日(木)〜12月3日(日)
■詳細情報:栃木市観光協会のこちらのページでご確認ください
■紅葉の色づき情報(tenki.jp)はこちら

6.屋台のまち中央公園の紅葉<栃木県>

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nobuhiko Nagaoka(@nobuhiko_nagaoka)がシェアした投稿

鹿沼市の屋台のまち中央公園は、彫刻屋台展示館・掬翠園(きくすいえん)・観光物産館からなる施設です。中でも「鹿沼の三名園」と言われた日本庭園のひとつを復元した「掬翠園」は美しい紅葉を見ることができるスポットとして人気があります。

大もみじが紅葉する頃、園内のもみじがライトアップされます。夜の闇に浮かび上がるもみじで幻想的な世界を演出します。

☆屋台のまち中央公園もみじまつり

■期間:2023年11月25日(土)〜12月3日(日)
■時間:もみじライトアップ 午後5時〜8時 ※雨天中止
■詳細情報:鹿沼観光ガイドのこちらのページでご確認ください

7.甘楽町の紅葉<群馬県>

織田信長の孫・信良が小幡藩を立藩し、以降7代にわたって一族が藩主を務めた群馬県甘楽町。今でも城下町小幡の街並みが残され、紅葉の名所も点在しています。

【甘楽もみじウオーク】歴史的な情緒が漂う城下町小幡で紅葉狩り

毎年11月中旬から紅葉が見頃を迎えるのに合わせ「甘楽もみじウオーク」が開かれます。小幡公園を発着点とし、紅葉山公園や江戸時代に織田家が造った大名庭園「楽山園」、ウオーキング後に汗を流せる温泉がある甘楽ふるさと館などを巡る自由散策イベントです。

☆甘楽もみじウオーク

■日程:2023年11月19日(日)※雨天決行
■受付時間:9:00〜10:00 ※受付が終了した方から自由散策
■場所:小幡公園(道の駅甘楽の南側)
■料金:無料
■参加賞:かんらちゃん焼き無料引換券と、かんらの天水を配布
■同時開催:甘楽日曜朝市会 8:00〜10:00
■詳細情報:甘楽町のこちらのページでご確認ください
■紅葉の色づき情報(Walker plus)はこちら

8.宝徳寺の紅葉<群馬県>

 

この投稿をInstagramで見る

 

西田 幹(@kan_nishida)がシェアした投稿


群馬県桐生市の宝徳寺は、春夏秋冬一年を通して様々な行事が開催されています。5月には新緑の床もみじ特別公開、11月には紅葉浄土 床もみじ特別公開では、磨き上げられた床に周囲のもみじが映り込む「床もみじ」をみようと多くの観光客が訪れます。

例年11月中旬から見頃を迎える宝徳寺の紅葉。境内には数百十本のもみじがあり、本堂の漆塗りの床に反射する紅葉した木々を観賞できる「床もみじ」は、SNSなどでも度々話題になる絶景です。

☆2023秋の床もみじ特別公開

■期間:2023年10月20日(金)〜11月30日(木)
■時間:9:00〜16:00 (閉門16:30)
■拝観料:11月大人1,200円 ※高校生以下無料
■詳細情報:宝徳寺のこちらのページでご確認ください
■紅葉の色づき情報(tenki.jp)はこちら

まとめ

この記事では、茨城・栃木・群馬のおすすめ紅葉スポットとイベント情報をお届けしました。
平地ではまだ青葉ですが、山や滝、峡谷では色づき始めているようです(2023年11月3日現在)。
過去の現地レポートも参考に、ぜひ紅葉狩りを楽しんでください。