関東の11月の祭りといえば「酉の市(とりのいち)」。毎年11月の酉の日に、主に関東の社寺で開催されます。2回の年と3回の年がありますが、2023年は2回だけの開催。一の酉は11月11日(土)、二の酉は11月23日(木・祝)となり、土曜日と勤労感謝の日ということで、いつも以上の賑わいとなりそうです。

こちらの記事では、東京と神奈川で開催される2023年酉の市の情報と合わせて、過去の酉の市の様子も紹介します。開催情報の詳細は分かり次第、随時更新していきますので、ぜひ参考になさってください。

※2023年11月14日現在の情報です。開催情報は変更となる場合があります。

酉の市とは?2023年は一の酉と二の酉の2回!

酉の市 熊手売る様子

酉の市は、毎年11月の酉の日に、主に「大鳥」「鷲(おおとり)」などが社名につく関東の神社の多くで開催されるお祭りです。元々は一年の収穫に感謝する農業のお祭りでしたが、現代では一年の無事を報告し、新年の開運招福や商売繁盛を願います。名物は縁起物の熊手。この熊手が売れた後の三本締めは、祭りにより一層の活気を与えてくれます。ほかにも、祭りならではの屋台や飲食店が立ち並び、毎年多くの方が訪れて賑わいを見せる秋の年中行事です。

関東三大酉の市とは?いつ開催?浅草、新宿、もう一つはどこ?

2023年の酉の市はいつ?

酉の日は十二支により12日ごとに巡るため、毎年酉の市が開かれる日程も異なります。11月最初の酉の日に「一の酉」、2番目に「二の酉」が開かれ、年によっては3番目の「三の酉」まで開かれます。

2023年は、一の酉、二の酉の2回の開催となります。

<2023年の開催日程>
一の酉:11月11日(土)
二の酉:11月23日(木・祝)

それぞれ、土曜日、祝日とかなりの賑わいが予想される今年の酉の市。まずは2023年に東京で開催される主な酉の市の情報をご紹介します。

鷲神社・長國寺 酉の市【浅草】

浅草 酉の市

酉の市の発祥地といわれる4か所のうちの2か所が鷲神社と隣接する寺院の長國寺です。両者は元々が同じ境内にあり、現在は酉の市を共催しているだけあって、浅草の酉の市は盛大で有名。関東三大酉の市の1つに数えられています。

都内でも規模の大きい鷲神社・長國寺の酉の市は、熊手の出店数も多く、店頭に並ぶ熊手をみるだけでも一見の価値があります。また、屋台グルメも充実!鷲神社〜長國寺の裏手を走る道路と、鷲神社の南側の通りをびっしりと屋台が埋め尽くしていて、どちらの酉の市に来た人もそれらのすべての屋台のグルメを堪能できます。酉の市の日だけの限定御朱印もあるので要チェックです。

2023年の開催は?

【開催日時】
<一の酉>11月11日(土)
<二の酉>11月23日(木・祝)
※開催時間(各日とも) 午前0時から午後24時まで
※特別祈願受付および酉の市御祭儀などの時間については公式サイトをご確認ください。

【アクセス】
・地下鉄日比谷線「入谷駅」下車し、3番出口より徒歩約8分
・Txつくばエクスプレス「浅草駅」下車し、徒歩約10分
・地下鉄銀座線「田原町駅」下車し、徒歩約15分
・JR「鶯谷駅」下車し、南口より徒歩約20分

詳しくは、鷲神社公式サイト、長國寺公式サイトをご確認ください。

2023年「浅草・鷲神社」酉の市は?大混雑を避けるには日中を狙うのが吉◎屋台グルメも楽しめる!


今週土曜日は一の酉!浅草・長國寺「酉の市」は?2023年は浅草散策もオススメ♪

花園神社 酉の市【新宿】

花園神社 酉の市

新宿の花園神社の酉の市は、関東三大酉の市にも数えられ、例年多くの人で賑わいます。熊手の露店はもちろんのこと多くのグルメ屋台が並び、熊手を求める人のほか、美味しいグルメも堪能できます。神社につながる靖国通り沿いにも多くの屋台が並びますが、時間帯によってはかなりの混雑が予想されます。早めの時間帯を狙っていくのがよいでしょう。

花園神社・酉の市では、今年も珍しい見世物小屋を観ることができます。最近ではなかなかみることのできない見世物小屋のショーなので、気になる方はこの機会にぜひみてみてはいかがでしょうか。

2023年の開催は?

【開催日程】
<一の酉>11月10日(金)前夜祭 /11月11日(土)本祭(酉の日)
<二の酉>11月22日(水)前夜祭 /11月23日(木・祝)本祭(酉の日)
※提灯消灯は、前夜祭・本祭ともに24時。
※混雑時には境内への入場を規制する場合あり。

【アクセス】
東京メトロ丸の内線・副都心線・都営新宿線「新宿三丁目駅」E2出口 徒歩0分
JR・小田急線・京王線「新宿駅」東口 徒歩7分

詳しくは、花園神社公式サイトをご確認ください。

今週末開催!新宿・花園神社、2023年酉の市は?前夜祭が狙い目!熊手市に屋台グルメも♪


見世物小屋で脳裏に焼き付くパフォーマンス!花園神社・酉の市の見世物小屋に行くしかない!

目黒大鳥神社 酉の市【目黒】

目黒大鳥神社 酉の市の様子

目黒区内で最も古い歴史をもつ目黒大鳥神社で行われる酉の市は、熊手購入者へ火打石でお清めをしてから口上と一本締めが行われるのが特徴です。また、御祭神へ捧げる踊り「大々神楽、熊手の舞」の奉納は必見。全日程の19時からあるので時間を合わせて行くのがおすすめです。

酉の市の楽しみの一つに屋台グルメがありますが、目黒大鳥神社で行われる酉の市ではさまざまなグルメが揃っています。伝統の切山椒から、たこ焼き、お好み焼き、じゃがバター等、お祭りグルメの定番まで。熊手を買ってお参りした後は、お祭りグルメを堪能してみてはいかがでしょうか。

2023年の開催は?

【開催日時】
<一の酉>11月11日(土)8:00~22:00頃まで
<二の酉>11月23日(木)8:00~22:00頃まで

【アクセス】
JR目黒駅下車 徒歩8分
東急・東京メトロ・都営地下鉄目黒駅下車 徒歩8分

詳しくは、目黒大鳥神社公式サイトをご確認ください。

目黒大鳥神社、2022年酉の市は?熊手市が境内に立ち並ぶ。屋台グルメも必見!

練馬大鳥神社 酉の市【練馬】

練馬大鳥神社の酉の市

練馬大鳥神社は江戸時代初期の1645年(正保2年)創建された歴史ある神社。ここで開催されている練馬の酉の市。小さめな神社のため入場制限の列ができるほどの賑わいがある年も!豪華な熊手が露店にずらりと並ぶほか、だるまや暦を売る露店も出店していました。

2023年の開催は?

【開催日時】
<一の酉>11月11日(土)
<二の酉>11月23日(木)

【アクセス】
西武池袋線:「練馬駅」より徒歩約3分
都営大江戸線:「練馬駅」より徒歩約3分

詳しくは、練馬大鳥神社公式サイトをご確認ください。

開運祈願!練馬大鳥神社、2023年の酉の市は?豪華な熊手が並ぶ境内が圧巻!

新井天神北野神社 酉の市【中野】

新井天神北野神社酉の市

新井と言う地名の由来となった井戸があり、新井薬師からもほど近い場所にあるのが新井天神北野神社。酉の市では、大小さまざまな熊手を売る露店が出店します。訪れた際は、2020年7月に新造された美しい本殿と境内社の大鳥神社にお参りしましょう。

2023年の開催は?

【開催日時】
<一の酉>11月11日(土)10:00〜21:00
※一の酉のみ宵宮あり。11月10日(金)23:30〜式典斎行、式典に引き続き11月11日(土)0:00〜1:00 熊手お求めの方、先着100名様に福枡を進呈。
<二の酉>11月23日(木・祝)10:00〜21:00

※本殿での神前祈願、現地での出張祈願を随時受付。ご祈祷の受付は、10:00〜15:00まで。

【アクセス】
JR中央線中野駅北口より 徒歩約10分
西武新宿線「新井薬師」駅南口より 徒歩約8分

詳しくは、新井天神北野神社公式サイトをご確認ください。

中野・新井天神北野神社、2023年酉の市は?天神様の境内を熊手が彩る中野の秋の風物詩

大森鷲神社 酉の市【大森】

大森・鷲神社の酉の市の様子

大森鷲神社は「武運開運商売繁盛」の神様が祀られていて、酉の市でも、新年の開運招福・商売繁盛を願い多くの人々が訪れます。大森銀座商店街(アーケード街)ミルパから鷲神社の周辺まではたくさんの屋台が並び、夕方は前に進めないほどの賑わいに。神社の境内には熊手が並び、威勢の良い口上と手締めが響きます。

2023年の開催は?

【開催日時】
<一の酉>11月11日(土)
<二の酉>11月23日(木)

【アクセス】
JR 大森駅東口から徒歩3分

詳しくは、大田区商店街ナビをご確認ください。

11月11日は一の酉!大田区・大森鷲神社の2023年「酉の市」は?地元商店街の縁日がアツい!

十番稲荷神社 酉の市【麻布十番】

十番稲荷神社 酉の市の様子

東京タワーや六本木ヒルズを間近に仰ぎ見る十番稲荷神社。地下鉄の麻布十番駅7番出口を出るとすぐ横に入口の鳥居が立っているという、抜群のアクセスの良さです。熊手は鳥居のそばの露店や境内の授与所で買うことができます。また、十番稲荷神社でも酉の市の日限定の御朱印が用意されています。

2023年の開催は?

【開催日時】
<一の酉>11月11日(土)9:00〜23:00
<二の酉>11月23日(木)9:00〜23:00

・熊手や酉の市限定の御守は、原則酉の市当日に頒布。※当日に参拝できない場合は相談。
・大きい熊手は予約制。11/23まで。※熊手の材料等が無くなったなど、ご用意できない場合あり。
・限定御朱印は酉の市当日のみの授与。
・屋台の熊手(熊手商)は酉の日のみの販売。

【アクセス】
●電車
地下鉄大江戸線「麻布十番駅」7番出口より徒歩すぐ
地下鉄南北線「麻布十番駅」4番出口より徒歩5分
●バス
都営バス(渋谷〜新橋)「麻布十番」バス停より徒歩約5分

詳しくは、十番稲荷神社公式サイトをご確認ください。

十番稲荷神社、2022の酉の市は?金運や幸運をかき集める大熊手

四谷須賀神社 酉の市【四谷】

四谷須賀神社 酉の市の様子

神社の前の階段がアニメ映画「君の名は。」の舞台になった「聖地」として、一躍有名になった四谷須賀神社。酉の市当日は、神社境内授与所において、この縁起のもとになる「開運熊手守」が授与されます。熊手一体につき一回、豪華景品が当たる開運宝くじを引くことができます。2021年の酉の市では、熊手の露店が10店ほどと、お祭りグルメの屋台が並んで賑わっていました。

2023年の開催は?

【開催日時】
<一の酉>11月11日(土)
<二の酉>11月23日(木)

開運熊手守頒布時間:9:00〜22:00

【アクセス】
JR中央線快速・総武線「四ツ谷駅」より徒歩10分
JR総武線各駅停車「信濃町駅」より徒歩10分
地下鉄丸ノ内線・南北線「四ツ谷駅」より徒歩10分
地下鉄丸の内線「四谷三丁目駅」より徒歩7分

詳しくは、四谷須賀神社公式サイトをご確認ください。

四谷須賀神社、2022年の酉の市は?授与所に並ぶホーキ付きの熊手やお守り

大國魂神社 酉の市【府中】

大國魂神社「酉の市」の様子

府中の大國魂神社では、境内社の大鷲神社の祭礼として毎年酉の市を行っていて、関東三大酉の市の1つに数えられています。例年、人出が50万人以上、露店も150店以上という、都内の中でもかなり規模の大きい酉の市。今年はコロナ禍が明けたこともあり、露店商も復活するため大変な混雑が予想されますので、混雑時間を避けて行くのがよいでしょう。

2023年の開催は?

【開催日時】
<一の酉>11月11日(土)
<二の酉>11月23日(木・祝)
・開門時間 6:30〜22:00 ※同時刻 社頭で神符熊手の頒布を実施
・熊手市・露天商 9:00〜22:00 予定(各店により異なります)
・江戸の里神楽 奉納 15:00、17:00、19:00 全3回

【アクセス】
京王線 府中駅南口から徒歩5分
JR南武線・武蔵野線 府中本町駅から徒歩5分

■大國魂神社公式サイト

アド街でも注目!府中の大國魂神社、2023年酉の市は?縁起熊手で開運祈願!

宮益御嶽神社 酉の市【渋谷】

宮益御嶽神社 酉の市の様子

渋谷駅から程近くにある宮益御嶽神社では、渋谷区唯一の酉の市が開催されます。神社境内にある熊手の露天商のほか、宮益坂の歩道には、グルメ屋台が連なり、お祭りグルメをいただくことができます。宮益坂を目指しながら再開発が進む渋谷を散策するのもおすすめです。

2023年の開催は?

【開催日時】
<一の酉>11月11日(土)午前10時〜午後11時
<二の酉>11月23日(木・祝)午前10時〜午後11時

【アクセス】
・「渋谷駅」宮益坂口より徒歩約3分

■渋谷宮益商店街振興組合の公式サイト 宮益御嶽神社ページ

宮益御嶽神社、2022年酉の市は?境内に熊手市が立ち並ぶ。参道には屋台も!

富岡八幡宮 深川酉の市(大鳥神社例祭)【門前仲町】

深川酉の市の様子

江戸三大祭りの一つ「深川八幡祭り」で有名な富岡八幡宮で開催される深川酉の市は、富岡八幡宮の境内社、大鳥神社の例祭として行われています。特徴的な大鳥神社の熊手は、稲穂やお守りが飾られていて「かきこめ守り」と呼ばれています。このほか、福枡や酉の市限定御朱印もあります。また、一般的な熊手を露店で購入することもできます。

2023年の開催は?

【開催日時】
<一の酉>11月11日(土)
<二の酉>11月23日(木・祝)

・各日とも開催を知らせる煙火が12時・15時・18時に打ちあげられます。
・露店の熊手は酉の日のみ。
・熊手守・は、11月11日午前0時から30日まで。
・酉の市限定御朱印は、11月11日朝から30日まで。
【アクセス】
営団地下鉄東西線 「門前仲町」駅より徒歩3分
都営地下鉄大江戸線「門前仲町」駅より徒歩6分
JR京葉線「越中島駅」駅より徒歩15分
JR「東京」駅より車で15分

■富岡八幡宮公式サイト

深川酉の市(大鳥神社例祭)2020、速報レポート

雑司が谷大鳥神社 酉の市【雑司が谷】

雑司ヶ谷大鳥神社の酉の市

豊島区雑司が谷の総鎮守である大鳥神社。目の前には都電荒川線が走り、雑司が谷駅か鬼子母神前駅からそれぞれ徒歩2〜3分、池袋駅からも徒歩10分ほどにありアクセス抜群です。例年、酉の市の限定御朱印もあり、大変人気があります。また、前日の10日、22日には境内で縁日も行われています。個人でも気軽に買える小さな熊手も揃っているので、気軽に足を運んでみてはいかがでしょうか。

2023年の開催は?

【開催日時】
<一の酉>11月10日(金)前夜祭/11月11日(土)本祭
<二の酉>11月22日(水)前夜祭/11月23日(木・祝)本祭

・境内には縁起物の熊手が、神社では開運熊手神符「かっこめ」がだされます
・「かっこめ」をお受けになった方は、開運クジあり。「金運招福紙小判」「金箔入り・鯛金(ガラス製)」「金箔入り・干支(ガラス製)」などをが当たります

【アクセス】
東京メトロ副都心線「雑司が谷駅」より徒歩2分
都電荒川線「鬼子母神前駅」より徒歩3分
JR「池袋駅」より徒歩10分

■雑司が谷大鳥神社 Facebook

速報!雑司ヶ谷大鳥神社・酉の市2021レポート

花畑大鷲神社 酉の市【足立区花畑】

花畑大鷲神社の酉の市

花畑大鷲神社は酉の市発祥の神社と言われていて、「花畑おとりさま」の名でも親しまれています。熊手にお札と稲穂が付いている「かっこめ」は、「運を掻き込む熊手」「幸運を鷲掴みする鷲の足」と言われお札所で頒布されます。参道では、熊手の露店だけでなく、グルメ屋台が立ち並んでいて、お祭り気分を味わうことができます。

2023年の開催は?

【開催日時】
<一の酉>11月11日(土)
<二の酉>11月23日(木・祝)

開門時間は午前5時から午後12時(24時)頃まで。※深夜は閉門しているのでご注意ください。

酉の市当日は臨時駐車場のほか、神社と臨時駐車場を結ぶシャトルバスが午前9時〜午後9時まで運行。詳しくは公式サイトをご確認ください。

【アクセス】
東武スカイツリーライン「谷塚駅」より東武バス花畑桑袋団地行「草加記念体育館」下車 徒歩8分
つくばエクスプレス「六町駅」東武バス1番乗り場(駅ロータリー内のバス停)より文教大学循環「花畑六丁目」下車 徒歩8分

■花畑大鷲神社公式サイト

速報レポ2021酉の市!花畑大鷲神社で開催される日本武尊への感謝祭

築地・波除神社 酉の市【築地】

築地・波除神社 酉の市の様子

築地にある築地波除神社は、「災難を除き波を乗り切る」ご利益で古くから親しまれています。境内では熊手の縁起物が売り出され、神社では開運、商売繁盛の開運熊手神符「かっこめ」(千円)が授与できます。「かっこめ」を授与された方は、その場で開運クジを引き、当たりが出たら縁起物の「金運招福紙小判」「金箔入り・鯛金(ガラス製)」「金箔入り・干支(ガラス製)」のプレゼントもあります。また、酉の市限定御朱印もあります。

2023年の開催は?

【開催日時】
<一の酉>11月11日(土)0時〜24時
<二の酉>11月23日(木・祝)0時〜24時

【アクセス】
営団日比谷線「築地」駅徒歩7分
都営大江戸線「築地市場」駅徒歩5分
都営バス 「築地6丁目」徒歩3分

■築地・波除神社公式サイト

速報レポ2021酉の市!築地波除神社の境内に溢れる種類豊富な熊手


次に、神奈川で開催される主な酉の市の開催情報をご紹介します!

金刀比羅大鷲神社 酉の市【横浜】

「横濱のお酉様」とも呼ばれる金刀比羅大鷲神社酉の市は、無形民俗文化財に指定されている酉の市。境内を囲むように飾られた、数百もの「手作り提灯」は幻想的で美しく、見どころの一つとなっています。
また、金刀比羅大鷲神社裏手に延びる横浜橋通商店街では、屋台の定番メニューのほか、韓国料理や中華料理等、国際色豊かなメニューが提供され、例年多くの人で賑わいます。横浜中華街やみなとみらいも近いので、観光もかねて足を運んでみてはいかがでしょうか。

2023年の開催は?

【開催日時】
<一の酉>11月11日(土)
<二の酉>11月23日(木・祝)

交通規制時間 11時〜24時、露店営業時間 11時〜22時

※酉の市当日、社殿で特殊祈願あり。(できるかぎり事前予約)

【アクセス】
横浜市営地下鉄「阪東橋駅」より徒歩4分

■金刀比羅大鷲神社公式サイト

横浜・金刀比羅大鷲神社 2023年酉の市は?参拝のあとは横浜グルメを堪能しよう!


横浜・金刀比羅大鷲神社の酉の市を満喫しよう!ディープ横浜を楽しめるグルメ充実の酉の市!

橋本大鷲神社 酉の市【橋本】

橋本大鷲神社の酉の市

神奈川県相模原市の橋本大鷲神社は、今年で100周年を迎える歴史ある神社。最寄駅である橋本駅周辺の個性豊かな商店(橋本商店街協同組合)や近隣の自治会や橋本神明大神宮と連携し、橋本大鷲神社の境内で酉の市を開催しています。縁起物熊手・お札販売のほか、限定御朱印や福引、神輿の展示などがあるほか、一の酉と二の酉でそれぞれで内容の違う行事を楽しむことができます。お囃子やよさこい乱舞、相武明神太鼓といったお祭りらしいものから、オヤジバンドや歌謡ショーにカラオケといったものまで一日中楽しめる内容となっています。

2023年の開催は?

【開催日時】
<一の酉>11月11日(土)12時〜
<二の酉>11月23日(木・祝)12時〜

【アクセス】
「橋本駅」北口より徒歩9分

■橋本商店街協同組合公式サイト

橋本酉の市2022!大鷲神社を熊手と提灯が煌びやかに飾る。限定御朱印に地域グルメも

稲毛神社 酉の市(大鷲神社例祭)【川崎】

稲毛神社は、多国籍・多民族・多文化融合の歓楽街、神奈川県川崎市に鎮座する神社。明治以前は「川崎山王社」と称し、現在も氏子の間では「山王さん」の名で呼ばれ親しまれています。稲毛神社の酉の市は、稲毛神社境内に鎮まる日本武尊を祀る大鷲神社の例祭です。
酉の市では、大鷲神社前での祭典が終わった後、境内にて福を集める「熊手」、それを計る「枡」、それを貯える「俵」などの縁起物が授与されます。また、熊手商などの露店なども出ており、近隣の人たちで賑わいます。

2023年の開催は?

【開催日時】
<一の酉>11月11日(土) 9時30分〜
<二の酉>11月23日(木・祝) 9時30分〜

【アクセス】
JR・京浜急行「川崎駅」より徒歩10分

■稲毛神社公式サイト

速報!2021年・稲毛神社「酉の市」レポート

まとめ

この記事では2023年の酉の市の開催情報と過去にいった酉の市の様子をまとめてご紹介しました。2023年の酉の市は、土曜日と祝日に開催されるため、例年以上の混雑が予想されます。主催者の指示に従い、安全安心に酉の市を楽しみましょう!