11月16日はボジョレー・ヌーボー解禁の日。日本は世界一のボジョレーヌーボーの消費国でもあります。世界各地でワインの新酒が造られていますが、その中でもボジョレーヌーボーの知名度は抜群です。

しかし、なぜボジョレーヌーボーだけがこれほどまでに騒がれるのでしょうか?

そこでこの記事では、ボジョレーワインのトリビアと日本のヌーボー祭について詳しくご紹介します。

ボジョレーヌーボーとは?なぜ日本で人気?

ボジョレーヌーボー

ボジョレーとは、フランスのブルゴーニュ地方にある「ボージョレ地区」のことで、ヌーボーとは、フランス語で「新しい」という意味です。

つまり、ボジョレーヌーボーとは、ボージョレ地区でその年に収穫したブドウで造られるワインを意味します。

原料のブドウには「ガメイ」という品種のみを使用し、新鮮なブドウ由来の味わいが楽しめます。赤またはロゼワインのみの展開です。

ボジョレーヌーボーの解禁日は決まっている?

ボジョレーヌーボーの解禁日は、毎年11月の第3木曜日です。

1951年から1984年までは11月15日が解禁日でしたが、ブームが本格化する中、ワインの売れ行きに影響が出ることを考慮し、改定されました。11月の第3木曜日午前0時より前に栓を抜いてはならないと決められています。

そして、この規制があることで、日本は日付変更線の関係で、先進国の中で一番早く、産地フランスよりも先にボジョレーヌーボーを飲むことができる国なのです。

日本は世界一の輸入・消費国

このこともあって、日本は世界で一番ボジョレーヌーボーの輸入と消費が多い国です。日本人は元来、初鰹に新酒など、季節感を大切にして旬の食材を重宝する習慣があります。

このような初物が好きな日本人の性格が、ボジョレーヌーボーのブームに拍車をかけているのかもしれません。

日本以外の国ではどんな風に盛り上がるの?

実は、ボジョレーヌーボーの解禁は日本以外の国ではそれほどもてはやされていません。

ボジョレーヌーボーは世界中に輸出されていますが、フランスを除いて世界ではそれほど知名度は高くなく、大半は日本に輸出されています。

一般的に、欧米では良いワイン、美味しいワインとはしっかり熟成されたものと捉えられています。年代物のワインが高価で取引されるのはそのためですね。日本でもワイン好きの人はその傾向にあると思いますが、多くの日本人の舌にヌーボーの軽めの味わいが「美味しい」ととらえられたのとはギャップがあるようです。

産地ではお祭りがある!

 

この投稿をInstagramで見る

 

琴美(@kotomi.yama)がシェアした投稿

ボジョレーヌーボーは、ボージョレ地区のブドウ農家が収穫に感謝し、祝うために造られたことが始まりです。収穫祭でその年のブドウの出来を確認するための試飲用ワインとして造られていました。

ブルゴーニュ地方のボーヌを中心に、11月の中旬に開催される「栄光の3日間(Les Trois Glorieuses)」という祝祭では、世界中からワインバイヤーが集まるオークションが行われたり、街中では屋台やワインの試飲も行われるそうです。

日本のワインヌーボーまつりをご紹介!

この時期に新酒が作られるのは、ボジョレーだけではありません。日本のワイン産地でもヌーボー祭りが開催されていますよ。

山梨ヌーボーまつり

 

この投稿をInstagramで見る

 

りんりん(@250rinrin)がシェアした投稿

「山梨ヌーボーまつり」は、毎年11月に東京・山梨の会場で開催されるイベントです。その年に県内で収穫されたブドウを使用して醸造された「山梨ヌーボー」と呼ばれるワインを始め、60銘柄以上の新酒ワインを楽しめます。山梨ヌーボーの解禁日は、毎年11月3日です。この日は東京の会場で開催され、その後山梨の会場でも行われます。

日時:2023年11月19日(日)10:00〜15:30

場所:小瀬スポーツ公園(山梨県甲府市小瀬町840)

料金:有料試飲チケット 2,500円(ワイングラス、試飲チケット10枚)

笛吹ヌーボーフェスタ

笛吹市で毎年11月に開催される「笛吹ヌーボーフェスタ」は、その年の笛吹市のワインと地域食材のペアリングを楽しめるイベントです。新酒ワインの試飲や販売が行われるほか、地域の食材を使用した新作料理を楽しめます。豪華なステージイベントも催され、なんと地元・笛吹市出身のエアコンぶんぶんお姉さんも登場します!

日時:2023年11月11日(土)10:00〜18:00、12日(日)10:00〜17:00

場所:笛吹みんなの広場(山梨県笛吹市石和町松本1442-3)

料金:入場無料

ヌーボーお披露目・オータムマルシェ

 

この投稿をInstagramで見る

 

巨峰ワイナリー(@kyohowinery)がシェアした投稿

福岡県久留米市にある巨峰ワイナリーでは「ヌーボーお披露目・オータムマルシェ」が開催されます。普段はレストランでしか味わうことのできない、巨峰で作られた発酵途中の生ワインの販売が目玉です。他にも、ヌーボーワイン初登場、ワインくじ、キッズコーナー、フードコート、マルシェ(雑貨、体験、ワークショップなど)も楽しめます。

日時:2023年11月18日(土)・19日(日)10:00〜16:00

場所:田主丸町巨峰ワイナリー&紅乙女酒造敷地内(福岡県久留米市田主丸町益生田 246-1)

料金:入場無料※無料送迎車もあります

まとめ

今回は、秋の風物詩ボジョレーヌーボーについて紹介しました。

日本でのボジョレーヌーボー人気は、日本の地理的な利点や日本人ならではの感性が関係しているようです。今年はぜひ、ワインまつりに出かけて、新酒ワインのフレッシュな味わいを楽しんでみてはいかがでしょうか。