放送開始の連続テレビ小説『ひよっこ』でヒロインを演じる有村架純。彼女が所属事務所「フラーム」に入るきっかけとなったのが、1983年から続くオーディション情報メディア「デビュー」が主催する、芸能プロダクションの新人募集情報特集『特別オーディション』だ。数多くのスターを芸能界に送り出してきた恒例の企画が、今年も102社が参加し『デビュー夏の特別オーディション2017』として募集を行なっている。

 2008年『冬の特別オーディション』をきっかけにフラームに合格、同社所属となった有村架純。かつて雑誌『月刊デ☆ビュー』の取材に答えて「これが最後と決めて応募したフラームのオーディションでは、『私は夢が叶うまで諦めません』と決意を込めてメッセージを送りました。それで合格ができたので、気持ちは大事だなと思います。強い気持ちがあれば、周りの心も動かせると信じています。自分が思い描く将来や夢を諦めずに、追い続けて欲しいです」(月刊デ☆ビュー2014年10月号)と読者にメッセージを送っている。

 なお1998年の『夏の特別オーディション』では玉山鉄二がメリーゴーランドに合格、さらに1999年『夏の特別オーディション』では蒼井優がイトーカンパニーに合格。それぞれ役者として確固たるポジションを築いている。そのほか篠原涼子(ジャパン・ミュージックエンターテインメント)、沢尻エリカ(スターダストプロモーション)、中越典子(キューブ)らも『デビューデビュー特別オーディション』から事務所に所属。毎年多数の合格者が輩出している同企画からは次なるスターが続々準備中だ。

 『夏の特別オーディション2017』は、フラーム、イトーカンパニー、ジャパンミュージック・エンターテイメント、スターダストプロモーション、キューブのほか、アミューズ、研音など人気スターの所属事務所を含む102社が新人を募集中。郵送不要のデジタル応募で、多数の会社に同時に応募することも可能だ。応募の詳細はオーディション情報サイト「デビュー」の特設コーナーに掲載中。応募締切は2017年7月31日まで。