ロックバンド・GLAYの2年半ぶりとなる14作目のオリジナルアルバム『SUMMERDELICS』(12日発売)が初週で5.3万枚を売り上げ、7/24付オリコン週間アルバムランキングで1位に初登場した。

 アルバム1位は、2013年2/4付で『JUSTICE』(2013年1月発売)が獲得して以来4年半ぶり。1996年2/19付『BEATout!』(1996年2月発売)で初獲得してから通算14作目となった。

 今作は、GLAYにとって初の“夏=SUMMER”を冠したアルバムで、メンバー4人がそれぞれ作詞作曲を手がけた楽曲を収録。9月23日からは全23公演で23万人を動員する大型アリーナツアーを開催する。