人気グループ・乃木坂46の斎藤ちはる(20)が、29日に放送されるTBS系『世界ふしぎ発見!』(毎週土曜 後9:00)で念願のミステリーハンターに初挑戦することが、わかった。一時グループ活動を離れて単身、台湾ロケに参加。「ずっと憧れのミステリーハンターだったのでまさか自分がなれるなんて思ってもなかったので驚きつつ、戸惑いつつ…メンバーや家族から応援をもらったのでそれを裏切らないように頑張ってこようと思いました」と収録前の心境を振り返った。

 今回は『東京から3時間で奇跡の絶景に出会える!? 台湾で世界一周の旅』と題して、“台湾のウユニ塩湖”や“台湾のハワイ”など世界の絶景にそっくりの人気スポットへ。なかでも「条件が揃わないと見られない風景もあったりするんですが、澎湖(ポンフー)諸島の『Wハート』という場所は年中見られるので家族はもちろん、カップルの方にもおすすめです」と紹介。馬祖名物のパン・継光餅など変わったグルメを堪能したようで「なんでもおいしかった。毎日お腹が膨れるくらい食べていました」と満足げに語っていた

 リポートするにあたって、行く先々の情報を勉強したり「それではここで、クエスチョンです」と出題するパートの撮影前夜はホテルで一人でイメージトレーニングを積んだそう。11日間に及ぶ撮影は初めてのことだらけで、自ら声をかけて現地の人にインタビューするなど少し度胸が必要な場面も。「(台湾の人は)とっても優しかった。日本が大好きという気持ちが伝わってきて、たくさんの人が積極的に話しかけてくれて、台湾の方の優しさに助けられました」と感謝していた。

 ミステリーハンターとしての出来を問われると「38点」と辛口に自己評価。「こういうことを言えばよかったなとか、もっとこういった方が伝わったかなとか、もっと出来たのかなという気持ちもある。今回少しは成長できたかなと思うのでその分の点数です」と苦笑し「まだまだだと思うことがたくさんあったので食リポもインタビューも自分のなかで消化しつつ、私生活でも意識して過ごしていきたい」と気持ちを新たにしていた。

 一方で子どもの時からの夢を実現させた斎藤は並々ならぬ気合で臨んだようで、島の美容法として登場した牛ふんを顔や手に塗るなど何事も拒否せず全力で挑む姿には同行した番組ディレクターも感心。次の機会があるならば「今回の経験を踏まえて、知らなかった絶景を知れたので、いろいろな秘境や普段なら絶対行けないアマゾンの奥地、ずっと前からエジプトに行ってみたかったのでピラミッドのリポートに携わってみたい」と声を弾ませていた。