プロテニスの錦織圭選手(27)が19日、都内で行われた『リクシル すすめる、ユニバーサル。』プレス発表会に出席。テニスの会見などで、常に堂々とした受け答えが印象的な錦織選手は、子ども時代に指導を受けた松岡修造の影響があることを明かした。

 錦織選手は、出演する新CM内でも英語で受け答えする演技を披露している。きょうのような会見は「もちろん緊張します」と苦笑しつつ、「IMG(アカデミー)では会見のレッスンや予習もあったので慣れていると思います」と、にっこり。

 司会から「会見での堂々とした受け答えに“熱い方”の影響は」と、名前を隠されながらも、松岡修造からの指導について聞かれると「そうですね。“熱い方”のおかげでいろんなレッスンもしましたし、泣かされたこともあったけれど、きつい教訓があったからだこそだと思います」と話した。

 発表会では、ユニバーサル社会の実現に向けた取り組みを強化すべく、錦織選手がリクシルの活動の公式アンバサダーに就任。「たくさんの方に知ってもらいたい」と意気込んでいた。