タレントの鈴木あきえが、AbemaTVの新レギュラー番組『芸能義塾大学』#2(7月20日夜8時〜9時)に出演。10年以上のレポーター歴で培ったテクニックを、グラビアアイドルの小倉優香、モデルのNiki、タレントの岡田結実、岡井千聖、山田菜々、女優の内藤理沙の5人に伝授する。

 『芸能義塾大学』は、テレビ朝日アナウンサー・大熊英司の進行のもと、テレビ業界の第一線で活躍する先輩芸能人が“講師”として登場。芸能界で生き残るためのテクニックやルールを次世代に伝授する番組。

 20日の放送回では『これさえ覚えればレポーターの仕事は怖くない!合格点レベルの撮れ高を生むコミュニケーションテクニック講座』と題し、『王様のブランチ』レポーターを10年以上務め、500組以上のゲストをアテンドしてきた経歴を持つ、タレントの鈴木あきえが講師として登場。レポーターを始めた当初は人見知りだったという鈴木が、人見知りをも克服できるコミュニケーション術を伝授する。

 番組では、鈴木が豊富な経験から学んだ“どんな相手”とも上手にコミュニケーションをとるためのテクニックを、ロケ前の準備段階から順を追って紹介。ロケ前に必ず準備する「相手のハートをがっちり掴める!」20通りもの自己紹介の秘伝を公開。さらに名レポーター鈴木も困った“クセモノゲスト”の特徴TOP3を赤裸々に告白。パターン別にその攻略法もレクチャーする。

 また、鈴木が“クセモノ”役を演じ、生徒たちが攻略法を実践。鈴木が1番困ったクセモノゲストのエピソードや、ハズレなしのゲスト攻略法、そして鈴木が「言うことない!」と大絶賛した生徒の対応は? レポーター志望者必見の番組は20日20時にAbemaTVで放送。