人気デュオ・KinKi Kidsが主演し、1997年に放送されたドラマ『ぼくらの勇気 未満都市』の続編として20年ぶりに復活した日本テレビ系スペシャルドラマ『ぼくらの勇気 未満都市2017』(21日放送 後9:00)の平均視聴率が10.0%だったことがわかった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 かつて大人が死に絶え、子どもたちだけの無秩序な混乱が広がる街・幕原で様々な困難を乗り越えて街に秩序を取り戻した高校生のヤマト(堂本光一)とタケル(堂本剛)らの20年後を描いた同ドラマ。それぞれに迷いや葛藤を抱えながら大人になった彼らが“約束の年”に再会し、さらに強大な敵に立ち向かっていく。

 今回はオリジナル版で、最後までともに戦い抜いた仲間・アキラを演じた嵐の相葉雅紀とモリを演じた松本潤、高校時代のヤマトの恋人・スズコ役の矢田亜希子、そしてヤマトの親友キイチ役として元ジャニーズJr.で小原裕貴さん(37)など当時のメンバーが一夜限りの再集結。

 なかでも小原さんは人気絶頂時の2000年、当時20歳でジャニーズJr.を卒業し、芸能界を引退したため17年ぶりのドラマ出演となったことから、SNSでの反響は大きく「相変わらずカッコイイ」「あんなにかわいかった子がこんなにイケメンになって帰ってくるなんて」と感激する声が相次いだ。

 この日はKinKi Kidsのデビュー20周年記念の日として、午後11時からは、1996年10月から2001年3月まで放送された音楽バラエティー『LOVE LOVE あいしてる』(フジテレビ系)も、スペシャル番組として16年ぶりに復活した。