人気グループ・Sexy Zoneの中島健人(23)が22日、都内で行われた主演映画『心が叫びたがってるんだ。』初日舞台あいさつに出席。中島らキャスト4人が、“初日の今叫びたいこと”をテーマに、映画の通称“ここさけ”で「あいうえお作文」を披露した。

 「あいうえお作文」を発表したのは、中島、芳根京子(20)、石井杏奈(19)、寛一郎(20)の4人。中島は「打ち合わせしていないので、フリースタイルだよね」とソワソワしていたが、「こんにちは」(寛一郎)、「このメンバーでここまで来られたのも」(石井)、「最高に最強な座長のおかげです。そんなうちの座長は…?」(芳根)とパスを受けると、すぐさま「ケンティーです!」と自身のあだ名を名乗ってまとめ、「“ここさけ”メンバー、マジ大好きだわ」と感激した。

 実は、3人は打ち合わせ済みだったことが明かされ、思わぬサプライズを受けた中島は「本当に支えていただきました。うれしさで叫んでいます、ありがとう」と感謝。最後の“け”がなかなか思いつかなかったことを明かし、「俺が考えていたのは“健気に生きる”だったの。すごく安心した」と声を弾ませた。

 同作は、2015年に公開されたアニメ映画を熊澤尚人監督(50)が実写化。他人と関わることが苦手な男子高校生が、地域向けミュージカルを通して、言葉を発するのを避ける同級生の女子と心の距離を縮める。中島は「愛すべき今日に愛すべき作品をお届けすることができて、うれしさで心が叫んでいます」とアピールしていた。