アイドルグループ・欅坂46が23日、山梨・富士急ハイランド コニファーフォレストで初の野外ワンマンライブ『欅共和国2017』を開催し、前日と2日間で2万5000人を熱狂させた。客席への放水や水鉄砲でびしょ濡れになったメンバーは、普段のクールなパフォーマンスでは見られないはしゃぎぶりをみせ、長濱ねるは「テンションが上がって、お祭り気分で楽しかった」と声を弾ませた。

 曇り空ながらも天気が持ちこたえるなか、午後5時15分過ぎに開演。昨年12月に東京・有明コロシアムで行われた初ワンマンライブでは、シングル表題曲を最後までとっておくセットリストが組まれたが、今回は逆さにし、1stシングル「サイレントマジョリティー」から表題曲3連発で幕開け。会場が一面緑に染まるなか、猛烈な噴水の演出によってセンターで最前列の平手友梨奈は1曲目からずぶ濡れとなった。

 2nd「世界には愛しかない」は、志田愛佳の合図でファンが一斉にジェット風船を飛ばすなか、志田と渡邉理佐が水圧の強いホースで放水し、夏の野外ならではの演出。4月から体調不良のため活動休止している今泉佑唯のポジションは基本的に空けたままにしていたが、ポエトリーリーディングは平手が代わりを務めた。

 3rd「二人セゾン」は花道のセンターステージで披露。通常とは違う角度からのパフォーマンスでファンを楽しませると、キャプテンの菅井友香が「皆さん、欅共和国へようこそ! ご覧のように雲行きがあやしいので雨雲を吹き飛ばしましょう!」と呼びかけ、途中一度だけポツポツと雨粒が落ちてきたが、熱いパフォーマンスと声援で本当に雨を吹き飛ばしてしまった。

 アンコールでは、この春、AKB48グループ+乃木坂46+欅坂46の選抜メンバー18人で結成された“坂道AKB”の楽曲「誰のことを一番 愛してる?」を欅坂46バージョンで披露。オリジナル同様、平手がセンターを務めて鬼気迫るパフォーマンスをみせた。続けて、4thシングル「不協和音」では、平手がこれまで聞いたこともないような、心の叫びにも似た「僕は嫌だ!」の絶叫で感情を爆発させると同時に、爆音を伴って火花が散る神がかりなパフォーマンスでファンをしびれさせた。

 この日はWアンコールに突入。平手が「今年は私たち欅坂46初の全国ツアーを行います。全国の皆さんに欅坂のパワーをお届けしたいなと思いますので、ぜひ遊びに来てください」と呼びかけると、「特別にもう1曲披露させてください。『危なかっしい計画』!」と叫び、同曲をライブ初披露した。

 楽しそうにタオルを振り回すメンバーに合わせてファンも緑のペンライトをぶんぶん振り回して大盛り上がり。最後は平手が口に人差し指をあてて「しーっ」と会場を静めると、「本日は本当にありがとうございました!」と大声であいさつし、初の野外ライブ2daysを締めくくった。

 欅坂46は1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』(19日発売)を引っさげ、8月2日からは初の全国アリーナツアーをスタートさせる。

■『欅共和国2017』2日目
01. サイレントマジョリティー
02. 世界には愛しかない
03. 二人セゾン
04. 青空が違う(志田、菅井、守屋、渡辺、渡邉)
05. 僕たちの戦争(上村、長沢、土生、渡辺、渡邉)
06. 渋谷からPARCOが消えた日(平手)
07. ひらがなけやき(けやき坂46)
08. 僕たちは付き合っている(けやき坂46)
09. 大人は信じてくれない
10. エキセントリック
11. また会ってください(長濱)
12. 制服と太陽
13. 微笑みが悲しい(平手、長濱)
14. 割れたスマホ(志田、菅井、守屋、渡辺、渡邉)
15. 語るなら未来を…
16. 誰よりも高く跳べ!(けやき坂46)
17. 手を繋いで帰ろうか
【アンコール】
18. 誰のことを一番 愛してる?
19. 不協和音
20. W-KEYAKIZAKAの詩(欅坂46+けやき坂46)
【ダブルアンコール】
21. 危なっかしい計画