10月より2クールで放送されるアニメ『魔法使いの嫁』の新キャラクターとそのキャスト、放送局の情報が解禁された。新キャスト、リンデル役の浪川大輔は「とても不思議なお話です。不思議といってもしっかり感情があり、変化もしていきます。キャラクターをとりまく環境や状況も特別ではありますが、ただのファンタジーではなく、リアルを突きつけられる事もあります。話数とともに築き上げられる関係性にも注目してください」とコメントを寄せている。

 ほかにミハイル・レンフレッド役の日野聡、アリス役の田村睦心の配役も発表。日野は「レンフレッドは非常に魅力的な役どころで、彼のもつバックボーンやエリアスとの絶妙な関わり方など、声優としてこの役を演じさせていただけることを非常に光栄に思います」。田村は「小学生の頃憧れた魔法の世界に関われるなんてすごくうれしいです!」。

 『月刊コミックガーデン』(マッグガーデン)で連載中のヤマザキコレ氏による同名漫画が原作。2016年にアニメ化プロジェクトが始動し、原作者のヤマザキ氏原案による完全オリジナルアニメーション(OVA)『魔法使いの嫁 星待つひと』が、コミックス特装版第6巻・7巻・8巻に同梱される形で(8巻は9月8日発売予定)リリース。

 OVA版を手掛けた長沼範裕監督が、引き続きテレビ版のシリーズ構成・監督を務める。 アニメーション制作は『進撃の巨人』『甲鉄城のカバネリ』など、数々の話題作を手がけたWIT STUDIO。ハイクオリティかつエモーショナルな映像を作り続ける彼らが、原作の持つ空気をアニメならではの表現で鮮やかに描き出す。

 7月に米ロサンゼルスで開催されたアニメエキスポ、パリのジャパンエキスポで第1〜3話が上映されたが、日本での凱旋上映会の実施も決定。9月9日に、東京・丸の内ピカデリー、札幌シネマフロンティア、大阪・なんばパークスシネマ、名古屋・ミッドランドスクエアシネマ、Tジョイ博多で行われる。イベント内容・参加方法などの詳細は後日発表される。

■キャスト
羽鳥チセ…種﨑敦美
エリアス…竹内良太
ルツ…内山昂輝
シルキー…遠藤綾
アンジェリカ…甲斐田裕子
サイモン…森川智之
セス…諏訪部順一
リンデル…浪川大輔
ミハイル・レンフレッド…日野聡
アリス…田村睦心

■放送情報
TOKYO MX:10月7日スタート、毎週土曜 深夜予定
MBS:10月7日スタート、毎週土曜 深夜予定
AT-X:10月8日スタート、毎週日曜 深夜予定
テレビ愛知:10月9日スタート、毎週月曜 深夜予定
テレ玉:10月11日スタート、毎週水曜 深夜予定
チバテレ:10月11日スタート、毎週水曜 深夜予定
北海道放送:10月11日スタート、毎週水曜 深夜予定
BS11:10月11日スタート、毎週水曜 深夜予定
※放送日時は変更になる可能性があり。
※詳しい放送時間は後日発表される。

■テレビアニメ公式ホームページ
http://mahoyome.jp