欅坂46が24日、都内で行われた同グループ初の公式ゲームアプリ『欅のキセキ』(今秋配信予定)の制作発表イベントに登壇した。タイトルにちなみ、「欅坂46の軌跡/奇跡」についてトーク。公式プロフィールで身長156センチの原田葵(17)は「欅坂に入ってから身長が伸びたというメンバーがたくさんいる。1番伸びたのはセンターの平手友梨奈(16)で、4ヶ月で3センチと言っていた」とうらやんだ。

 欅坂46初となる公式ゲームアプリ『欅のキセキ』は、グループの「キセキ(軌跡/奇跡)」とメンバーの成長をたどるドキュメンタリーライブパズルゲーム。サウンドプロデューサーには秋元康氏が就任した。物語はオーディションからスタートし、プレイヤーは新米マネージャーとしてメンバーを支え、ともに成長していく。

 この日は欅坂46とけやき坂46のメンバー14人が、これまでの“軌跡”として一人ひとり異なる歴代の衣装を着用して登壇。デビュー曲「サイレントマジョリティー」の衣装を着たキャプテンの菅井友香(21)は「2年前まで普通の学生生活を送っていたので、私たちがゲームになるとは思っていませんでした。びっくりしました。まさかという感じですが光栄です」と大喜びした。

 グループの「キセキ(軌跡/奇跡)」についてもトークし、けやき坂46の佐々木久美(21)は「街中でメンバーに偶然会ったときに奇跡を感じました。菅井さんにショッピングモールで会って、自分がファンだったときは会いたくても会えないのに、メンバーになったら会えるのが奇跡」と話した。

 また、ゲームには欅坂46にまつわる総数1800話のストーリーが詰まっていることから、「誰も知らない私のトリビア」を発表。小池美波(18)は「時代劇が好き。小学生の時に携帯電話の着信音を『暴れん坊将軍』の戦っているときの音にしていました。今でも、お昼になったら時代劇を探して見ています」と告白。齊藤京子(19)は「ラーメンを週6で8杯食べています」と明かした。

 小柄で華奢な原田は「よく食べます」と書かれたフリップを見せ、「よく、『食べてる?』って聞かれるんですけど、この前もテストが終わって、ごはん8膳食べました。あまりおなかいっぱいにならなくて」と仰天告白。それでも身長は伸びないようで、165センチ前後が多いメンバーたちをうらやみ、「身長伸びるように頑張ります!」と息巻いていた。

 イベントにはほかに、石森虹花、上村莉菜、土生瑞穂、守屋茜、渡辺梨加、渡邊理佐、けやき坂46の長濱ねる、加藤史帆、佐々木久美、高本彩花が出席した。