今年5月より「左中大脳動脈閉塞症・塞栓性脳梗塞」で入院している落語家の桂ざこば(69)が、今月31日に退院することを所属事務所が発表した。それに先立ち、29日に新神戸オリエンタル劇場の落語会「ざこば南光二人会」で舞台からあいさつすることも決定した。

 現状について「万全の体調とは言えませんが病院の外出許可を頂き」とし、29日の昼夜2回公演であいさつする。なお、2席演じることがまだできないため、昼公演は雀三郎、夜公演は桂塩鯛がそれぞれ代演することが発表された。

 今後については、落語会は「本格的に落語が出来るかどうかは体調によりますが、何らかの形で出演する予定です」。テレビやラジオの出演については、様子を見ながら徐々に復帰していく。

 所属事務所によると、ざこばは5月27日、大阪松竹座六月公演『銀二貫』(6月1日初日)のけいこへ向かう途中に体調を崩し、緊急入院した。