マルチクリエーターの大宮エリーが、29日放送のテレビ大阪『夜あそびTKO〜大人の異業種交流会〜』(深0:56〜2:20)に出演。同世代でかねてから親交のあるお笑いコンビ・TKOと酒を飲みながら、恋愛トークに花を咲かせた。

 同番組は、芸能界に幅広い交流を持つTKOの人脈を頼りにゲストを大阪の街に招待。お店の取材交渉も出演者任せのアポなしロケで、足の向くまま気の向くまま、大阪の街を堪能する。

 ゲストの大宮は、TKOがお初天神を歩いているところに缶ビールを飲みながら登場。木本武宏と飲み仲間という大宮は、大阪・阿倍野区出身だが「小学校の時に東京に転校したから」あまり大阪で飲み歩いたことがない」ということでTKOの2人とともに北新地へ。

 同世代の3人のお酒は進み、話題の中心は恋愛に。40代の3人が大人の恋愛について語り合う。また、大宮は広告代理店に勤務していた時期に自殺防止のCMで新人賞を取ったが、いじめを受けた学生時代のある思いが反映されていることを告白する。

 もう一人のゲストとして、俳優の大杉漣も出演。木下隆行とドラマ『警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜』で共演しているが、木下は大杉がよく「コントを仕掛ける」ことを暴露するなど、こちらも様々な秘話が語られている。