ロックバンド・GLAYが7月31日、台場・青海南臨時駐車場 J区画で新アルバム『SUMMERDELICS』の発売記念フリーライブを行った。この日は、1999年に20万人を動員した伝説のライブ『GLAY EXPO '99 SURVIVAL』が開催されたことから、ファンやメディアの間で「GLAYの日」と呼ばれている。意外にも今回が都内での初フリーライブとあって、ファン1万人が集結した。

 今月10日の新アルバム試聴会で明らかになった“謎のカウントダウン”で予告されていた同フリーライブ。晴天にも恵まれ、ファンの熱気も徐々に高まるなか、メンバーたちがステージに姿を見せると、会場のボルテージは最高潮に。

 真夏の空の下、TERUは「18年前の幕張の時もこんな感じだった。あれだけ密集していたら体感温度は42度くらいあっただろうね」と感慨深げに振り返りつつ「きょうはせっかくだからビショビショになろう!」とフルスロットルで、代表曲「HOWEVER」を含む全7曲を熱唱した。

 野外の熱気も味方につけ、JIRO、TAKURO、HISASHIたちも「熱いね〜。幕張のライブを思い出すよ」とライブを楽しみ、パフォーマンスに全身全霊を注いだ。駆け抜けるようにフリーライブが終わると、完全燃焼したTERUは「愛してるぜー! また会おうぜー!」と大絶叫。ファンたちも大歓声でそれに応え、熱気を残したままライブは幕を閉じた。

 新アルバムには、TAKUROを筆頭に、TERU、HISASHI、JIROが作詞作曲を手がけた楽曲を収録。その新アルバムを引っさげ、9月23日の新潟公演を皮切りに、全23公演で23万人を動員予定の大型アリーナツアー『GLAY ARENA TOUR 2017 “SUMMERDELICS”』を開催。

 さらに来年3月に台湾・台北アリーナ公演の開催も決定しており、TERUは「毎回、GLAYがこうして動く度に遠くから来てくれてありがとう。アリーナツアーは、ライブだけじゃなく、来ただけでも楽しめることを提供したい」と笑顔で呼びかけた。

■セットリスト
M1 the other end of the globe
M2 Scoop
M3 HOWEVER
M4 彼女の"Modern..."
M5 微熱(A)girlサマー
M6 XYZ
M7 生きてく強さ