女優の松たか子(40)が2日、都内で行われたTBS系サイエンス特番『生命38億年スペシャル 人間とは何だ…!?』収録後の囲み取材に出席。番組のテーマにちなみ「何歳まで生きたいか?」との質問に、しばらく熟考しながら「76、いや78歳くらいまでですかね」と笑顔で答えた。

 ともに番組の進行を担当する、同局の安住紳一郎アナウンサーから「娘さんがいらっしゃるので、もう少し長い方が?」と提案されるも「その頃には、独り立ちしているでしょ」とにっこり。安住アナから「2歳になる娘さんに、すでに『ひとりで生きろ』と言っているそうです」とスパルタ子育てを明かされると「私自身、どんなところでも生きていける人が好きなので…」とその真意を説明した。

 1997年から『遺伝子』『脳科学』などをテーマに“生命”における最先端科学をひも解いていく特番として過去に10作が制作されてきた同番組。今回は、健康に役立つ6つのキーワード「長寿」「太陽光」「肥満」「脳と心臓」「がん」「免疫力」を軸に、最先端の生命科学を取材し、常識の真偽や、身体に秘められた未知のパワーなどに迫っていく。

 同番組のゲストには、古田新太、岡田将生、芦田愛菜が出演しているが、安住アナが「いつもよりも新しい感じでやっております。この中で、一番しっかりしていたのが芦田愛菜ちゃんで、長寿について語ってくれています」とアピール。数々の生命科学に関するVTRを見てきた古田は「意外とオレのやってきたことが間違ってないなと思いました」と自信ありげに語っていた。

 番組は、14日の午後8時から午後10時54分まで放送される。