オンラインストリーミングサービスの世界大手、Netflixのオリジナルドラマ『マインドハンター』が10月13日より世界同時配信される。デヴィッド・フィンチャー監督が、監督・製作総指揮を手掛ける最新作。FBI連続殺人課に所属し、連続殺人鬼や強姦犯を追う中、犯罪者プロファイリング手法を編み出した捜査官の姿を描いたフィンチャー監督らしい戦慄のスリラードラマとなっている。

 フィンチャー監督と言えば『セブン』、『ゾディアック』、『ドラゴン・タトゥーの女』、『ゴーン・ガール』などショッキングな連続殺人犯や猟奇的なスリラー作品で、目の肥えた映画ファンを唸らせてきた。また、Netflixオリジナル作品として大ヒットした『ハウス・オブ・カード 野望の階段』でドラマ界にセンセーショナルを巻き起こしたことも記憶に新しい。

 新作は、拘留された連続殺人鬼を取り調べていくことになった2人のFBI捜査官。この取り調べが未解決事件の謎と背景をひもといていくことになる。

 この度、解禁された場面写真と予告編には、独特の映像美と緊張感あふれるショッキングなシーンが描かれており、予告の最後は、「狂気を知らずに狂人に勝てるか?」という意味深なせりふが。観る者の心理を揺さぶり、不穏な世界へ引き込む、これぞ“フィンチャー節”とも言えるドラマに期待が高まる。

 出演は、『glee/グリー』のジョナサン・グロフと『ファイトクラブ』や『ハドソン川の奇跡』などのホルト・マッキャラニー、そして『FRINGE/フリンジ』のアナ・トーヴら。製作総指揮はフィンチャー監督のほかに、女優のシャーリーズ・セロンも共同製作プロデューサー-として参加することが決定している。