俳優の桐山漣が、関西テレビ・フジテレビ系のドラマ『僕たちがやりました』(毎週火曜 よる9時〜)に、8日放送の第4話から、原作でも登場するホームレスのヤング役で出演することが明らかになった。

 同ドラマは、窪田正孝が演じる高校生のトビオたちが、イタズラ心で仕掛けた不良への復讐計画が思わぬ大事件に発展したことで、初めて生きることに必死になり右往左往しながらも成長していく様を、ハラハラドキドキの展開で描く“青春逃亡サスペンス”。「実写化困難」と言われた原作マンガのドラマ化とあり、放送前から話題となっており、放送開始後も、毎話放送中にTwitterでトレンド入りするなど、若年層を中心に盛り上がりを見せている。

 本作への出演に対して、桐山は「ホームレス役も、ゲイ役も初めてです。恋愛対象は男性ではないですが、役柄の個性のハードさに、“本当に自分に?”と耳を疑いました」とコメント。

 桐山が演じるヤングは、路地裏でドン底に落ちたトビオと出会い、新たな生き方を教える、新・パイセン的存在にあたる重要な役どころ。「原作を読ませていただき、これだけおもしろく個性派な役と出逢えたことに魂が揺さぶられる感覚で、撮影が楽しみでなりませんでした」と、撮影を楽しみにしていたと明かす。共演した窪田との撮影エピソードに関しては「窪田さんのパンツを後ろから脱がすカットは、何度も何度も撮りました。もうお尻の形を当てられるくらい(笑)。初対面なので会う前は勝手にクールなイメージであったのですが、気さくで快く接してくださり感謝しています」と振り返った。
 
 撮影現場ではメイクを終えた桐山が登場すると、再現度の高さから窪田やスタッフからも「おぉ〜!」と、うなり声が上がったという。「ヤングさんは(台本を)読んでいて抵抗なくすんなりと体に染み込んできました」と話す通り、桐山は違和感なくヤングを好演。原作にも出てくるトビオとヤングのやり取りが、どんな展開を見せるのか…。第4話では、トビオたちを共犯者と確信した飯室(三浦翔平)や退院してきた市橋(新田真剣佑)に追われるトビオが、菜摘(水川あさみ)の話をヒントに“真犯人”の真相に迫っていく。